狙った女性との会話に便利すぎるトーク術。虜にする真の共感ステップ

なたと話している女性が、
あなたの話に食い入るように聞き始めたり、
いちいち好意的な反応を示してくれるようになったとしたら…
 
さぞや気分がいいと思いませんか?
 
 
 
世の中にはホストやナンパ師など、
女性を虜にするのが超得意な人がいますけど、
じつはこんな事は”お手のもの”らしいです。
 
 
なぜならこういう人達は、 
女性の心を惹きつけ離さないトーク術
知っているからなんですね。
 
 
そのステップとして具体的には
 
①共感
②ほめる
③からかう
 
という3つの要素があります。
 
 
どれも非常に奥深いんですが、今回は①の
”共感”についてかなりくわしく話をしていきますね。
 
 
ポイントを抑えれば誰でも出来るし、
これが出来ればビックリするくらい
簡単に女性の好感度を得られますから。
 
 
 
 
 
 
おそらく世の中のほとんどの男性は、
女性に対する共感の仕方を間違えてます。
 
 
これはどういうことかというと、
 
男は話をするときは「情報の交換」がメインで話してますが、
女性の場合は「何を感じたか」がメインで話をしてるんです。
 
 
だから話の仕方が全然違うし、男が相手の話に共感していると思っていても
女性からしてみると全然ズレてる時があるわけです。
 
 
 
一番よくあるのは、
 
あたりさわりのない話から入って
「わかるわかる」
「俺もそうだよ」
とか言っていても
 
実はもうこの話題選びから間違えているってケースです。
 
 
 
話題選びをミスると、それだけで女性と仲良くなれる可能性は
メチャクチャ低くなってしまうんですね。
 
 
なので相手の女性を虜にしたいなら、
 
正しい話題選び
 
 
正しい共感の仕方
 
これを理解しましょう。
 
 
 
 

共感を制する者は女性を制す。正しい話題とは何か?

 
 
僕もあなたもそうですけど、人間なら誰でも
 
自分の事を受け入れてくれる人に対しては
ものすごく好意的になる生き物です。
 
 
「あ、この人は自分のこと分かってくれる」と思ったら、
デレデレになっちゃうわけですよ。
 
 
 
だから、色んなところで
相手の話には共感しましょうって話、よく聞きますよね?
 
 
 
女性の話に共感すればモテるんだ~、みないな苦笑
 
 
 
 
共感することはもちろん重要です。
 
でも、”ある要素”が抜けてると、せっかく頑張って共感してるようでも
まったく意味がなくなってしまうんですね。
 
 
 
 
どういうことかというと、
たとえば合コンとかで初対面の女性と
 
住んでる所の話とか
最近見たTVの話とか
休日は何をしてるかっていう話とか
 
そういう話をしてると、
一見盛り上がっているように見えるんです。
 
 
 
女性も女性で、
メールやLINEで「今日はお疲れ様でした~。楽しかったです」
 と形式的には”一見楽しんでくれた風な反応”を示します。
 
 
だから男も「これでいいんだ」と勘違いしちゃうんですが、、、
 
 
でも実は、内心では1mmも楽しんでないんです。
 
 
それどころか彼女たちは
『(は~つまんねー男。楽しそうなフリするのも疲れるわ)』
とさえ思っているんです。
 
これじゃあ恋愛対象になれるわけないですよね。
 
 
 
なんでこんなことになってしまうかというと、
こういう話題は感情が全く動かないんですよ。
 
 
 
 
さっき出た話題というのは、みんな、
 
人間そのものにフォーカスしてるんじゃなくて、
事象(物とか場所とか)の話をしてるんですね。
 
 
会話のメインテーマが自分のことじゃなくて
他のことになってるんで、たとえ盛り上がってるように見えても
ホントの意味では感情は動きません。
 
 
女性は感情の生き物ってよく言うでしょ?
 
そんな生き物に対して感情が動かない話をしていたらどうなるか?
 
 
”つまらない男”という評価を下されてしまいます。
 
 
 
 
だからこそ、女性の感情を動かすために共感する必要があるし、
話を引き出すための話題をよく選ばないといけないんですね。
 
 
 

女性の感情を動かしやすい話題

 
話題にも感情を動かしやすいものがあります。
 
具体的にどんなものがあるかというと、
たとえば、
 
①嫌いな会社の上司や同僚(お局さん)の話
 
②職場であったキツイこと
 
②合コンや出会いの場でいたキモイ男の話
 
③よくやっている趣味の話
 
④ついつい飲んじゃうお酒の話
 
 
というのが慣れない内はオススメです。
 
 
 
 
わかります?
これって全部、強い感情が出やすい話題なんですよ。
 
 
 
この話題を持ちかけると、女性は勝手にペラペラと喋ってくれて
簡単に感情をむき出しにしてくれるし、
 
こういう敵の話に共感してくれると
女性はあなたの事を真の理解者として
好感度を上げてくれます。
 
 
 

女性があなたに虜になる正しい共感の仕方

 
 
で、どうやったら正しい共感が出来るのかという話ですが、
 
ある事に注意していれば実はOKです。
 
 
皆、余計なことをしてしまうから
女性からの反応が悪くなってしまうんですね。
 
 
NG行為さえせずに話を聞ければ、それは正しい共感になるんです。
 
 
 
 

話を聞くとき一番注意すること

 
共感は難しく考える必要はありません。
 
よけいな茶々は入れずに、とにかく話を聞いてあげてください。
 
 
女性は自分の話を”ただ”聞いてもらって、
”ただ”共感してくれることだけを求めているんです。
 
 
誰だって、自分の話を否定してくるヤツと
仲良くしたくないですよね?
つまりはそういうことです。
 
 
たまに黙って聞いとけばいいのに
余計なアドバイスとかしてひそかに嫌われてる男がいるので、
ここはよく注意してください。
 
 

質問で会話を掘り下げていく

 
 
さらにさらに、もう一つ気を付けることがあります。
 
ただ聞いているだけだと、
相手は反応が薄いと感じて話すのを止めてしまいます。
 
あなたに興味を失ってしまうんですよ。
 
 
あなたも自分の身に置き換えたら
すぐピンとくるはずです。
 
 
 
なので、
 
「うんうん、それで?」
「マジで!?その後どうしたの?」
 
という感じで相槌を打って、
その話題を掘り下げていきましょう。
 
 
ベストなのは相手の話に関連付けた質問で返すことですけど、
それが無理ならせめて、感想を言ったり
 
「なるほどね~。でもそれってどうなの?」と
もう少し突っ込んで聞く姿勢を見せればOKです。
 
 
女性も話に弾みがついて、気持ちよく話をしてくれるし、
あなたに親しみやすさを感じてくれるようになります。
 
 
たとえあなたが話ベタでも、リアクションだけ気を付けてさえいれば
あとは相手が勝手に喋ってくれますから。
 
 
 

魔法の一言

 
 
感情が出やすい話題を掘り下げて、
女性が気持ちよく話し続けている。
 
ここまでくれば最後は一言、
 
「わかるよ」
 
この言葉を言ってあげてください。
 
 
 
 
真の共感とは、
 
女性の感情を動かして話をさせて
余計な口を挟まずそれをただ肯定してあげることなんです。
 
 
 
 

なんでもかんでも共感すればいいってもんじゃない

 
でもこういうと、彼女たちの言う事全部に共感しとけばOKって
思う人がいますけど、そういうことじゃないですからね。
 
共感しすぎにもデメリットがあって、
やりすぎると女性は自分に媚びてる様に感じます。
 
なんでもかんでも「わかるよ」と言っていたのでは、
 
(テキトーに聞いてるな、この人)
 
思ってしまうので、要注意です。
 
 
真の共感のコツは、小さなことでは相槌を打っておくだけにして、
大きいこと(相手の感情が特に現れた時)を狙って
 
ちょっと大げさと思えるくらいのリアクションを取りながら
「わかるよ」と言ってあげることです。
 
さらにその時、「俺は~~と思ったけど、それは嫌だよね~」と
さりげなく自分の意見も言いながら共感するといいですよ。
 
 
そんなあなたを見た女性は、
 
『ちゃんと自分の意見も持ってるし、ワタシをすごく理解してくれる男』
 
と評価してくれるんです。
 
 
 

まとめ

 
 
今回した共感の話って、他人からされると
「そんなの普通に出来てるよ」と言い出す人がいるんですが…
 
 
女性ととりあえずは楽しく話しました。
でもその後の関係には発展していきません。
 
こういう場合はまず間違いなく、
共感が出来ていないという何よりの証拠です。
 
 
残念ながらこれまでは、薄っぺらい会話しか出来てなかったんです。
 
 
でも、今回の話を読んだあなたはもう違いますよね?
 
 
 
 
 
女性の感情が動くポイントを、
遠慮せずにもっともっと深く掘り下げてあげてください。
 
 
出会って早い段階でこれを1回でも出来れば、
驚くほど相手の女性はこっちに依存してきます。
 
 
あなたに話を聞いてほしくてたまらない
 
 まさにあなたの虜にさせることが出来るのです。
 
そうなれば、あとはあなたのお好きな様に
してあげてください(笑)
 
 
 
 
今回は3つのステップの内
共感について話しましたが、
 
次の「褒めるステップ」については下の記事で
詳しく解説しています。

女性の褒め方で迷ったら。さり気なく好感度をアップさせる3つの型

2016.04.14
 
これが出来るようになると、もう女性は
他の男に目もくれずあなたの事しか見えなくなるので、

是非見てみてください。