その挑戦を、止めるな

連絡先交換を拒否された時の最高の返し方

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
どうも、レインです。

 
 
 
女性から連絡先を聞き出すのって、
結構勇気がいりますよね?
 
 
 
少なくとも、かつての僕はそうでした。
 
 
 
もしあなたが、鉄のハートを持つ人で、
1mmも緊張しないというのであれば良いんですが、
残念ながらそういう男性は稀です。
 
 
どうして、抵抗を感じてしまうのか、
きちんとわかっていますか?
 
 
 
 
 
ズバリ、一番の原因は
断られるのがイヤだからじゃないですか?
 
 
 
何か理由をつけて断られたら、
 
・男のプライドがガタガタになりそう
・その場の空気が気まずそう
 
こんな”恐怖”を覚えてしまうからですね。
 
 
 
 
だから、初対面の女性と仲良くなれても、
ビビッて連絡先を交換出来ずじまいになるケースがあります。
 
 
もしくは交換出来たとしても、
どことなくぎこちない、スマートじゃない聞き出し方しか
出来なかったりするんです。
 
 
 
 
これはさっき言ったように、
想像上の恐怖に支配されているだけなので、
 
女性と普通に話せたら、普通に聞けばOKです。
 
変に凝った聞き方はしなくていいんですね。
 
 
 
 
 
ここまでは、当たり前の話。
 
問題は、本当に断られた時の場合です。
 
 
 
こんな時の為に、
仮に連絡先を聞き出した時に拒否された時のテクニック
を一つシェアします。
 
 
 

 

1.連絡先交換を拒否された時の対処法

 
 
このテクニックは、別に連絡先交換だけに限らず、
デートのお誘いやホテルに誘う等、
応用すればあらゆる交渉事に役立つものです。
 
 
 
 
 
 
 
 
いいですか?
 
連絡先交換を拒否られた時、
この魔法のキーワードを使ってみてください。
 
 
「え!?電話代も払えないほど困ってるの!?」
 
 
 
 
これです。
 
 
客観的に見たら何を馬鹿な事を・・・という感じですが、
分かっていてあえて聞くんです。
 
 
 
これは言い換えるなら、
インダイレクトな切り返しをしている訳です。
 
 
 
こんな事を言われたら、女性はある種
意表を突かれた状態になります。
 
 
そして「そんなわけないじゃ~ん!」
と笑いながら返して来たら、もうこっちのペースです。
 
 
 
 
ここに続けて、
「じゃあ教えてよ。別に1日1000回も電話しないから」
などと大げさな表現でカバーすれば、
 
よほど女性のあなたに対する印象がゴミレベルでなければ、
「え~」と渋りつつ嬉しそうに教えてくれます。
 
 
 
 
 
 
これは営業マン時代に身に着けたスキルですが、
交渉の場や相手を説得する時に効果を発揮します。
 
 
一度断られても、ユーモアの効いた返しをされると、
人はどうしても興味をそそられます。
 
 
 
面白いことを言えたら最高なんですが、
ちょっと大げさな変化球を投げればOKです。
 
 
たちまち形成が逆転する事は珍しくなくなります。
 
 
 
こういう言い回しを、一つ用意しておくとしていないとでは、
その後の展開が全然変わってきますよ。
 
 
 
 

 

2.女性からの挑戦状

 
 
連絡先交換を渋られるというのは、
女性本能からの挑戦状です。
 
 
実は本能的にやっている事なんですね。
 
 
 
 
女性は多くの優秀な男を選り分ける為に
いろんなチャレンジを出してくる
そういう生き物だと覚えてください。
 
 
悪気無しに、無意識的にあなたを試しているんです。
 
 
 
 
 
ここで「あ、そう…」で引き下がったら、
もうヘタレ決定です。
 
巻き返せる確率はきわめて低いでしょうね。
 
 
 
 
逆に、さっきのテクニックを使える男は、
女性の中では一歩抜きんでた存在として
認識されることになります。
 
 
 
 
いかにユーモアに対応出来るか
これがモテる勝敗を握っています。
 
 
 
 
いずれにせよ、断られても
ああ、こいつは俺を試してるんだな。カワイイ奴だな
というマインドセットとして、持っておいてください。
 
 
 
 
そうすれば、いろんな女性の行動が理解出来る様になりますから。
 
 
 
 
では、また次回!
 
 
 
 
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 男の強化書 , 2015 All Rights Reserved.