もっと早く知りたかった!女の本音が求めている男の3つの資質

 
うも、レインです。
 
 
一発で女性を口説き落としたい、
なんとかしてモテる男になりたい
 
 
こんな事ばっかり考えてしまう
恋愛に悩めるあなた。
 
 
女性の本音を知りたくありませんか?
 
 
男と女が持つ恋愛感は、
実はかなり違います。
 
 
 
男が「こうしたらモテそう」と考えることのほとんどは
女の本音からすると『違う、そうじゃない』ことが実に多い。
 
 
それじゃあいつまで経っても
恋愛は上手くいかないですよね?
 
 
 
逆に言えば、女の本音の部分を抑えておけば
あとはあなたの好きなように出来るということ。
 
 
今回はある程度女性を克服してようやくわかった、
女の本音が求める男の条件について話していきます。
 
 
 

女の本音①初対面なのにがっついてくる男は嫌い

 
 
 
まず良く聞くのが
女性は自分にがっついてくる男を嫌うというヤツ。
 
 
 
これの本音は、
 
出来るだけスマートに、
嫌らしくない形で絡んできてほしいんです。
 
 
 
そもそも、
 
恋愛初心者な人は初対面の女性をいきなり
口説き落そうとしようとします。
 
 
これって僕も覚えがありますけど、
特に女性に話しかけるのに慣れ始めた人に
よくありがちです。
 
 
 
まあ仮に、
一発で女性を魅了するトークスキルがあったとしても、
 
恋愛初心者がいきなり使える訳がありません。
 
 
ここで変に、恋愛上級者の真似をしようとしても
十中八九上手くいかないのです。
 
 
慣れてないものをムリヤリやろうとするから、
不自然極まりない感じが出ちゃうんですよね。
 
 
 
 
 
例えば、異業種交流パーティーの席。
 
 
女性の所へ来て話しかけてきたけど、
 
鼻の下伸ばして明らかに意識してるのがバレバレ。
 
 
変に親しみを込めていきなりタメ口きいたり
 
あえて上から目線で接してみちゃったり・・・
 
 
 
実際合コンの席で
こんな男性をよく見かけます。
 
 
 
当たり前ですが、女性からは
最初から相手にされません。
 
 
初対面から警戒心MAXになって
シャットアウトです。
 
 
 
 まあ、さすがに上の例は極端なやつですけど、
これに近いことをやっている男性がまー多い!
 
 
 
人間関係の基本である
 
「まず相手の警戒心を解く」って事を
なぜか全くしないんです。
 
 
普段、
男相手のコミュニケーションでは出来るのに、
女性相手になると途端に出来なくなってしまう。
 
 
 
 
「恋は盲目」とはよく言ったもんですが、
女性に慣れていない男は特に陥りがちです。
 
 
 
 
それに対して女の本音を知っている男性は、
 
いきなり懐に飛び込もうとせず
一歩だけ懐に飛び込むようにしています。
 
 
 
初対面はあくまでも、普通に、
しかし堂々と爽やかに接します。
 
 
なるべく早く警戒心を解くことを
第一に考えてコミュニケーションを取ろうとします。
 
 
 
モテない人は、なぜかここを全力スルーして
最初から口説いていくスタイルを取ってしまうんですね。
 
 
このパターンにハマると、あなたという存在が
最初からシャットアウトされてしまいます。
 
 
 
 

口説かないでください

 
今、パターンにハマってしまうと言ったんですが、
抜け出すためにはその逆の事をすれば解決です。
 
 
いいですか?
 
 
 
”女性を口説かないでください”
 
 
 
 
・・・・
 
 
なにそれって感じかもしれませんね(苦笑)
 
 
 
ですが、
 
シチュエーションを別にしてみれば
もっとわかりやすくなります。
 
 
 
 
あなたの家にセールスマンがやってきました。
 
 
チャイムがピンポーンと鳴って、ガチャっと扉を開けると、
そこには満面の笑みで今にもお決まりのセールストークを
語り出しそうなセールスマンが待ち構えています。
 
 
 
あなたは真っ先に、
 
「なんだこいつ!」
 
「なんか胡散臭い奴来た!」
 
「変なモン売りつけられそう!」
 
「イヤ!カエレ!」
 
なんて思い始めます。
 
 
 
そんな”疑惑”を持っているあなたに、
セールスマンが開口一番に商品説明を始めたら、
 
「やっぱりかこの野郎!」と思って
すぐ玄関から叩き出したくなるはずです。
 
 
適当な理由をつけて
ドアを閉めようとするはずです…..
 
 
 
 
 
女性の警戒心を解かずに口説こうとするのは
実はこれとまったく一緒なんです。
 
 
初対面の会話で突然口説き始められると、
女性の思考は「早くこの場から去りたい!」
と考え始めるんですね。
 
 
 
 
 
わかりますか?
 
 
いきなりあなたという商品説明から入るんじゃなくて、
まずは相手の警戒心を解く事を最優先に考えてください。
 
 
 
当たりさわりのない会話でいいんです。
 
変にひねる必要なんかありません。
 
 
まずはお互いの共通点を出来るだけ早く見つけるように
会話を展開していきましょう。
 
 
決して低レベルなセールスマンになっちゃダメです。
 
 
 
 
 

女の本音②すぐ媚びる男はレベルが低い

 
 
初対面で口説かないというのは
当たり前に聞こえたかもしれません。
 
 
しかし次にやってしまいがちなのは
いきなり女性を褒めだすという事です。
 
これも、やってしまっている人
ものすごく多いですよ。
 
 
初対面の男がすぐ容姿や顔を褒めだすと、
女の本音は「こいつ魅力ない」と判断します。
 
 
 
まず警戒心を解けたら、
他の男がやらない事をやってください。
 
 
 
 
普通だったら躊躇してしまうほどの美人であっても、
 
男の扱いは熟知しているようなキャバ嬢であっても、
 
「かわいいね」とか言われ慣れてそうな女性であっても、
 
 
 
決して安易に容姿を褒めたり
煽てたりしてはいけません。
 
 
これも、口説いているのと変わらないからです。
 
 
 
『アタシとそんなに早く仲良くなってセックスしたいのね。
 余裕のない男!』
 
 
安易に褒めるというのは、
こう思われてしまうだけなのです。
 
 
 
 
会話のきっかけはなんでも良いんです。
 
 
最悪、何の変哲も無いような
「今日はどこから来たんですか?」でも
最初は全然いいんです。
 
 
 
 
そうやってだんだん警戒心を解いてった後は、
 
からかったり、無茶ぶりしたり、いじったりと、
 
他の”すぐ褒めてくる男共”とは違うアプローチ
してみてください。
 
 
女性もびっくりして
「めったにいないイイオトコ」と評価してくれて
明らかに態度を変えて話始めます。
 
 
 
 

女の本音③アタシの愚痴をとにかく黙って聞け

 
 
 
 
女性の愚痴、”正しく”聞けてますか?
 
 
 
もし自信を持って「YES」と言えないのであれば、
ここを気を付けるだけでも女性の反応は変わってくるでしょう。
 
 
 
根本的な話として、
女性は自分の話を黙って肯定してほしい
 
ってのがあります。
 
 
”黙って聞く”というのがミソですね。
 
 
 
 
よくやってしまいがちなのが、
男が自分の愚痴をグダグダ話続けてしまう
というパターン。
 
馬鹿な上司、無茶難題を言ってくるクライアント、
両親、友達、恋人との人間関係…
 
 
そういうものからのストレスを抱えながらも、
女性との実りある時間を過ごしたいと思っているはずです。
 
 
 
だから、つい女性に愚痴を漏らしてしまいます。
 
 
 
よく恋愛テクニックでは「相手の愚痴を聞いて肯定しろ」
なんて言われていますが、実際それは正しい事です。
 
 
でも、恋愛初心者はこの愚痴の引き出し方が上手く出来ないんですね。
というかバランスが悪くなってしまう。
 
 
 
 
愚痴を引き出そうとして、
あなたが愚痴を言いまくってしまったら本末転倒です。
 
 
まるで堰を切った様に自分の愚痴を喋りまくられたら、
聞いている女性は疲れてしまいます。
 
 
 
残念ながら女の本音としては
 
”お前の話なんかどーでもいい”んです(苦笑)
 
 
そんなことより、アタシの愚痴を聞いてよ。
 
これが本心なのです。
 
 
 
 
愚痴を聞いてもらうという行為は、
 
会っていない時でも、
あなたという男と会いたくて会いたくて
堪らなくなってしまうくらい、
 
共感性とパワーのある話題なんですね。
 
 
 
ただ、愚痴を引き出すにしても
こちらから引き出してあげないといけません。
 
 
いくら愚痴を誰かに聞いてほしいと思っていても、
自分からそれを切り出す事は皆、嫌がります。
 
 
遠慮してしまうからです。
 
 
こんなダークな話題をしたら嫌われる。
 
そんな、良心の呵責がある訳です。
 
 
 
であれば、
僕らは進んでその口火を切ってあげれば良いんです。
 
 
あくまでも、自然にこちらから引き出してあげると、
女性は食いついて関を切ったようにノッテきます。
 
 
 
愚痴って言っても、人によっては色々ありますよね。
 
職場や友達といった人間関係、お金の問題、
今カレや元カレの話etcetc…
 
 
 
まずはあなたがちょっとだけ愚痴を言うのです。
 
 
 
どんな人間であれ、フラストレーションは必ず抱えています。
 
 
 
あなたが愚痴を言うのは、
あくまでも相手の愚痴を引き出す火付け役です。
 
 
相手の愚痴を引き出すには、
まずこちらがそういう雰囲気を作ってあげる必要があります。
 
 
 
あなたが軽く愚痴をこぼして(と見せかけて)、
 
相手にも「こんな事感じない?」ってスタンスで質問してあげれば、
その瞬間から女性は愚痴を漏らし始めます。
 
 
 
そこで、すかさず「ウンウン」と共感してあげてください。
 
 
 
 
無論、相手の女性によって切り出し方を
変えていく必要はありますよ?
 
 
 
例えば接客業に従事する女性だったら、大抵は
 
クソうざい馬鹿な客にも
愛想良くしようと努力しているとかね。
 
 
 
 
そこには必ず、
フラストレーションがあるのは想像に容易い、
 
・ムカつくけど客だから笑顔を作る
・無茶苦茶な要求でも誠実に対応する
 
 
こんな努力をしているはずなんですね。
 
 
 
そこを黙って聞いて、褒めてあげてください。
 
 
 
「むかつく奴相手に頑張ったね」
「そんな奴によく我慢してられるね~」
 
 
こういう共感を示してあげる事で、女性はあなたという男を
心の底から必要とし始めます。
 
 
 
 
 

まとめ

 
 
いかがでしたか?
 
 
今回話した3つの女の本音が求める男の資質は、
僕が恋愛経験値を高めていくうえで
数多くの失敗から学んだことです。
 
 
正直な話、
もっと早く知っておきたかったというものばかりです(苦笑)
 
 
そうだったら余計な失敗しなくてすんだのに、
とマジで思います。
 
 
 
女の本音が求める男を一言で言うと、
 
まずはスマートに接して警戒心を解き、
変に媚びたりせず、
女性中心に話を聞いてくれる男
 
ということです。
 
 
 
こうやってまとめると
相当ハードルが高そうに聞こえますけど、
 
出来そうなところから意識していけば
それでOKなのです。
 
 
というかこの3つさえ抑えておけば、
 
あとは相手をからかおうがいじろうが
基本あなたの自由に出来るのですから。
 
 
そうすれば、恋愛初心者から
一気に上級者の仲間入りです。

【NEWS!】強者のコミュニケーション術
10日間無料メール講座

 

・気になる女性に興味すら持ってもらえない
・なぜかいつも、イイヒト止まり
・常に自信が持てずオドオドしてしまいがち
・どこに行ってもなぜか周囲に舐められる
・自分の思い通りに物事が進まない
・今の人間関係にどこか”孤独”を感じる

 

少しでも心当たりがあるなら、
今すぐ下記ページをお読みください。

 

99%の人間が存在すら知らなかった、
見えない力関係を自由に支配し、
思い描く理想の人間関係を量産する方法

を期間限定で無料公開中です。

 

詳しくは下記ボタンから

mail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です