それってヤバイよ!いじられキャラな男が今すぐ取り組むべき対策

うも、レインです。
 
 
あなたは、周囲からなんとなく
いじられキャラとして扱われていませんか?
 
 
「たしかに、いつもからかわれているかも」
「なんとなくネタキャラ扱いされてる・・・」
 
 
もし、少しでもこんな心当たりがあるなら、
ぶっちゃけその状態ってヤバイですよ。
 
 
なぜならば、
 
いじられ続けている人は
どんどん自信を無くしていき、
 
イジリ続ける人はだんだんエスカレートして
いじめに近いことをし出すからです。
 
 
 
 
特に男だったら、単純に馬鹿にされたり
からかわれたらムカつきますよね?
 
 
別にそれでもいいです、というのであれば
話はここで終わりなんですが、
 
本当は決してそう思ってないと思います。
 
 
どちらかと言えば、
角が立たずにいじられキャラから
脱出したいんじゃあないでしょうか?
 
 
 
いじられキャラからのジョブチェンジを考えてるあなたには、
今回の話は必見です。
 
 
 
 
 

いじられキャラには何のメリットもない

 
 
いじられキャラの一番いやらしいところは、
 
一見するといじられ可愛がられていて
良好な関係を築けていそうに感じてしまう事にあります。
 
周りからも、ああ、あの人は愛されてるんだな、
と思われているうちはいいんです。
 
 
 
思われているうちは。
 
 
 
実はこの状態というのは、
人間関係的にはかなりの弱者になっているのです。
 
 
これが板についてきてしまうと、
いじってる人も段々エスカレートしてきます。
 
 
 
限度を超えると、たとえば
 
・周りもあなたのそういう姿しか見ていないので、
 仮にあなたが何かを頑張ったり達成しようとすると
 
 「無理だよ」などのネガティブな意見を
 言うのが当たり前の様な関係になってしまう。
 
 
・そんな人達を見て、あなたの事を知らない
 そのまた周りの人達も
 「この人はいじってもいいんだ」と
 舐めた態度を取ってくるようになる。
 
 
・何か発言をしても説得力を感じさせれないので
 軽んじられてしまう。
 
 
こんなことが自然と当たり前になって
しまうんですね。
 
 
今、俺はいじられキャラになっているかもしれない
という自覚があるなら、少なからず似た経験があるはずです。
 
 
 
 
 
当然ながら、これは恋愛面でも圧倒的に不利です。
 
 
ナヨナヨっとした印象を持たれるし、
女性は一緒に居てドキドキできません。
 
 
いじられている男性を見ても
『この人、弱っ!』
としか思われないんですね。
 
 
当然、アプローチをかけても
相当上手くいって友達止まりです。
 
 
 
いじられキャラはいじられることが
日常的になりすぎているし、
 
望み通りの結果が出にくい人間関係を
自然と作り出してしまうので、
 
 
上手くいかないことが多くなって
自分でも気が付かないうちに
自信を失ってしまうのです。
 
 
そういう状態が長く続くと、過去の僕の様に
ずっとヘタレとして生き続けなければいけなくなります。
 
 
 
いじられキャラになっているのを放っておいても、
良いことなんて何一つないんですね。
 
 
 

 

いじられキャラの特徴

 
 
ここからは、いじられキャラに即効認定されてしまう
”人間的特徴”について話していきますね。
 
どれもこれも、無意識でやってしまっているものなので、
意識すればすぐに治せる部分です。
 
 
 

①何を言われても常にヘラヘラ笑っている

 
NO1はこれですね。
僕も完全にこのタイプの人間でした。
 
 
こういうタイプの人は、
”優しい性格”をしている人なんです。
 
 
 
周りとの波風を起こしたくない、と考えているので、
「何とも思ってませんよ」ということを暗に伝えるために
無意識に笑ってごまかそうとしてしまっています。
 
 
明らかに嫌な事や自尊心を傷つけられる事を言われていても、
それに何も反撃せず、自分の中にストレスをため込み続けてしまうんですね。
 
 
 
いじってきた人に対して
”怒りを表現出来ないのです。
 
 
 
これは、
本人的には上手くごまかせていると思っていても、
周りからは”ただの自分に自信がない人”
”いじったらヘラヘラ喜んでる変な人”
としか思われていないのです。
 
 
 
 

②見た目が弱そう or 太っている

 
 
見た目というのは、人間的なステータス(強い弱い)が
一目で分かってしまうポイントです。
 
 
特に男だったら、極端にガリガリだったり、
顔に現れるくらいに太っていたりすると
 
一発で「あ、こいつは弱いな」と思われて
いじられる原因になってしまいます。
 
 
 
反対に、自分より強そうな人、
 
体を鍛えている人だったり
背筋がピンと張っているだけで
パリッとした印象を与えるので,
 
 
「この人は強そうだし下手なことは言えないな」
と周りも襟を正して接しようとします。
 
 
だから、こういう人は決していじられキャラには
ならないんですね。
 
 
 

逆に効果的ないじられ方

 
 
反対に、”いじられる事自体が美味しい場面”
というのも存在します。
 
 
 
たとえば、普段はクールで緊張感のある人で、
仕事はしっかりこなす人がいたとします。
 
そういう人が何か粗相をしたとき、
「あ、やっちまったよ。テヘッ」という
ちょっとかわいらしい、抜けたような反応
見せたらどうですか?
 
 
あ、この人でも失敗するんだ、
結構お茶目なところあるんだ、
 
という、一種の意外性が生まれます。
 
 
こういう時、偉い人からいじられたりすると、
皆ギャップを感じて笑いに変わるのです。
 
 
 
 
いじられて良いのは、上に挙げたような
 
普段いじられない人が
滅多に見せない弱みを見せた時だけ
 
という事だけです。
 
 
 
普段は緊張感のある人だからこそ、
稀にかわいい部分を見せることで
周りはギャップを感じて、
さらに良い印象を持ってくれるのです。
 
 
 
 

いじられキャラを卒業するための3つの方法

 
 
さて、そろそろ肝心な
いじられキャラを卒業する方法について話をしていこうと思います。
 
 
 
最初に言っておくと、
 
もう既にいじられキャラというイメージが
定着しているのであれば、ほとんどの場合は
最初に多少のストレスを感じと思います。
 
 
 
なぜならば、
 
あなた自身も今までやったことの無い言動をするし、
周りもそんなあなたを見て”らしくない”と戸惑うからです。
 
 
しかしここで一番重要なのは、
中途半端に終わらせるのだけは止める、という事です。
 
 
 
これから話す3つのポイントを
とりあえず演じてみるつもりで、
思い切って取り組んでみてください。
 
 
だんだんと、周りがいじってくる回数が
減ってくるはずです。
 
 
 
 

①いじられた時、間を置いて冷静に反応する

 
 
いじってくる相手は、いじった人のリアクションを
大体予想しています。
 
ちょっとからかったらオタオタするだろうな、
みたいな感じで、要は舐められてるんですね。
 
 
 
そういう輩は、自分の予想外の反応をされると
内心ひるみます。
 
『あれ?いつもの反応じゃないぞ?』
『なんかこいつ今日は違うな』
 
こんな感じで、いつもと違う変化に
不安を感じます。
 
 
特にこれを感じるのが、”間”の時。
 
 
”3~4秒くらいの間”が、沈黙が、
緊張感を生み出すんですね。
 
 
このリアクションを、いじられる度に
都度やってみましょう。
 
 
相手は段々と、いじったりからかう事自体に
”気まずさ”を感じて、やがて止めるでしょう。
 
 
 
 

②笑顔を見せずシラ~っとした対応をする

 
 
赤ちゃんが言葉を覚えない内から、
なぜ笑顔を見せるか知っていますか?
 
 
母親などの周りの人と繋がって、
守ってもらいたいという無意識があるからです。
 
 
 
さっき、いじられキャラの特徴で
いつもニヤニヤと笑っている所がある、
って言いましたよね?
 
 
あれも、性格が良いので、
自分をいじったりからかってくる人とでも
繋がっていたい、という無意識さがそうさせているのです。
 
 
 
なので、一時的にいじってくる相手には
笑顔を止めましょう。
 
 
そもそも、嫌な思いをされているのに
ニコニコする必要などないのです。
 
 
たとえその人が会社の上司であろうと、
心を鬼にして、ピタッ!と止めましょう。
 
 
 
すると相手も、①と同じように
 
『あれ?怒ってるのかな?』
『ちょっと言いすぎちゃったかな?』
 
と察して、いじってくるのを止めてくれます。
 
 
 
そこを見極めて、またいつもの通り接してあげれば、
 
相手もいじるのは気分を悪くさせているんだな、
と気が付かせることが出来る、というわけです。
 
 
 

 

③強いコミュニケーション力を身につける

 
 
これは身も蓋もない話ですが、
あなたが本来強いコミュニケーション力を持っていれば
変にいじられるという事はまずないのです。
 
 
”ふさわしいあり方”をしていれば、
周りのみんなもちゃんと一人の大人として
あなたの事を扱ってくれるんです。
 
 
いじられキャラの時ってなかなかイメージ出来ないんですけど、
 
コミュニケーション力って「会話」だけじゃなくて
「仕草、ボディランゲージ」もありますからね?
 
 
 
キチンと学べば、自由に人間関係を
操ることが出来るんです。
 
もちろん、こちらが圧倒的優位な立場でね。
 
 
そのために、今すぐにでも
コミュニケーションについてもう一度、
深く勉強しなおす事をオススメします。
 
 
現在進行形でいじられキャラなら、
なおさらですよ。
 
 
 
 
 
 

まとめ

 
 
いかがでしたか?
 
僕自身、いじられて笑われる人生というのは
かなり長い間強いられてきました。
 
 
笑われてる当の本人は
たまったもんじゃないはずです。
 
弱者の人生を強いられます。
 
 
そんなくそったれなキャラに
甘んじることなく、さっさと卒業しちゃいましょう。
 
 
 
 
少なくとも僕は、
今回話したポイントを意識して過ごすようにしただけで、
 
周りの人間が勝手に「かっこいい」「男前」などと評価し始め、
 
自分の話す言葉に真剣に耳を傾け、
舐めた口を聞いてくる人はいなくなりました。
 
 
つまり、結局のところ人間関係というのは、
 
微妙な”緊張感”をどれだけコントロールできるかで
決まってしまうという事なんですよね。
 
 
 
ぜひ、参考にしてみてください。
 

【NEWS!】強者のコミュニケーション術
10日間無料メール講座

 

・気になる女性に興味すら持ってもらえない
・なぜかいつも、イイヒト止まり
・常に自信が持てずオドオドしてしまいがち
・どこに行ってもなぜか周囲に舐められる
・自分の思い通りに物事が進まない
・今の人間関係にどこか”孤独”を感じる

 

少しでも心当たりがあるなら、
今すぐ下記ページをお読みください。

 

99%の人間が存在すら知らなかった、
見えない力関係を自由に支配し、
思い描く理想の人間関係を量産する方法

を期間限定で無料公開中です。

 

詳しくは下記ボタンから

mail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です