モテる男だけが持つ決定的な特徴とは ③ ~ 太く通る声 ~

a0055_000842
どうも、レインです。

 
 
今回で3回目となるモテる男の特徴シリーズですが、
今回は声に関する話です。
 
ちなみに前回までの記事はこちら
 
 
 
 
 
 
あなたは、ボソボソと喋る人とハキハキと強く喋る人では、
どちらに魅力を感じますか?
 
 
間違いなく、ハキハキと強く喋る人ですよね。
 
 
ボソボソと喋る男に、女性は魅力を感じません。
太く、よく通る声の人がモテるんです。
 
 
これはハッキリ言わなくても、
一目瞭然の話だと思います。
 
 
声は、第一印象の中でも大事な要素の一つです。
 
 
ここで変に印象を損なわないように、
普段から訓練しておく必要があります。
 
 

1.自分の声の特徴を知る

 
 
「我が身の臭さ我知らず」
 
ということわざがある通り、
僕らは自分の特徴には、中々自分で気づけません。
 
 
 
 
僕は営業マンという、「人と喋る事」が
メインの仕事をしていましたが、その時も
自分の声がかなり低い事に、中々気が付けませんでした。
 
 
しかしある時、打ち合わせの議事録を取る為に
録音して聞き返した事で、ようやくハッキリと自覚出来た、
という経験があります。
 
 
 
「俺の声、全然通ってないじゃん…」
当時は、かなり凹んだものです(笑)
 
 
感情を揺さぶるコミュニケーションが出来ていても、
せっかくの声が悪ければ台無しです。
 
 
自分の声を魅力的な声として変えるには、
自分の声を録音して確かめる以外、ありません。
 
 
 
でも、自分の声を聞き返すと、
思っていた声と違いすぎて衝撃を受けるものです。
 
 
 
しかし、大きな違和感を感じても、
それが普通になってしまっているので、
中々変えたくても上手くいかない時があります。
 
 
 
であれば、効率的に修正していくテクニックを
ご紹介しましょう。
 

 

2.シャドーイングで修正する

 

 
 
あなたにも、理想としている
魅力的な声の人」がいるはずです。
 
 
『この人の話し声は、なんとなく落ち着く』
『ずっと聞いていたい』
 
 
そう思う人は必ずどこかにいます。
セミナー講師をしている人等は、特に多いです。
 
 
 
そのモデルとしたい人を見つけたら、なんとかして、
その人が出す音声教材や動画を手に入れてください。
 
 
 
実際に手に入れたら、その音声を流しつつ録音しながら、
1秒程ズラして復唱するんです。
 
 
 
 
これは「シャドーイング」と呼ばれる発声訓練法ですが、
非常に効果が高いものです。
 
 
モデルとなる人の声を聞きながら実際に発声する事で、
脳に感覚レベルでコピーされていきます。
 
 
トーンや間の開け方、口癖など…
 
 
人間の脳に魅力的に聞こえる多くの要素を、
まるごと自分の声に取り入れる事が出来るのです。
 
 
 
このシャドーイングを続けながら、
さらに録音を聞き直して修正していく事で、
 
最終的には
あなたのオリジナリティ+モデルの魅力的要素
ブレンドされた、聴き心地の良い声として生まれ変わります。
 
 
 
この時、恥ずかしくても必ず録音して
聞き返す事をオススメします。
 
そもそも、どこが悪いのか
聴覚的に振り返らないと、良くしようがありません(苦笑)
 
 
 
スマホの録音機能も充実しているので、
お手軽に取り組む事が出来ます。
 
 
ぜひ、お試しあれ。
 
 
 
今日もお読みいただき、ありがとうございました。
 
 
モテる男の特徴シリーズは、まだまだ続きます。
 
 
では、また次回!