モテる男だけが持つ決定的な特徴とは ② ~ 強いアイコンタクト ~

2-4
どうも、レインです。

 
 
昨日から続いているモテる男の特徴編として、
今回は2回目となります。
 
 
1回目は「ワルっぽい」がキーワードでしたが、
今回は「アイコンタクト」がキーワードです。
 
 
 
アイコンタクトという要素を極めれば、
初対面の女性に「目だけで惚れさせる」という
荒業も出来る様になるんです。
 
そうなったら、最高の状態ですよ。
 
別にこっちが特別な事をしなくても、
アイコンタクトだけで自分を優秀なオスだと
認識させられるんですから。
 
 
 
ぜひ、早い段階から訓練して、マスターしておきましょう。
 
 
 

1.ライオンは獲物から目を逸らさない

 
 
アイコンタクトが強いというと、
どんな人を思い浮かべますか?
 
こう聞くと一番返ってくるのは、
じっと見つめられる事」という答えです。
 
つまりは、相手の目から目線を逸らせない
って事なんですね。
 
 
 
 
たまに草食系や内気な人で、
同じ男にも目を合わせて喋れない人がいます。
 
こういう人は、自分にフォーカスが向きすぎてて、
相手の気持ちを考えていません。
 
 
 
つまり、目線を外して会話するって事が、
相手に相当の不快感を与えているって事に
気が付けていないんですね。
 
”なんとなく怖そうだから、目を見られない”というのは、
ヘタレな男の態度そのものです。
 
 
 
 
動物界のボスというイメージの強い、
ライオンを想像してください。
 
ライオンは、自分の獲物に対して、
僅かでも目線を外そうとしません。
 
 
 
「こいつは絶対に食ってやる」という
強い本能の意思が現れているからです。
 
人間より賢くない動物がそう出来ているのに、
僕ら人間が出来ないというのは、考えてみれば
おかしな話ですよね?
 
 
 
 
ライオンの様な強い動物は、
決してひるむ事なく、するどいまなざしで敵を威嚇します。
 
でも、ずっと見つめられっぱなしでは、
相手の女性が緊張しすぎちゃいます。
 
 
 
『なんかこの人、怖い…』
 
そうして警戒させてしまっては
元も子もないので、バランスを取る必要があります。
 
 
 

 

2.基本は相手の黒目を見る

 
 
基本的には、喋っている時は
相手の目の黒目を見ながら話をしてください。
 
 
 
黒目の部分というのがポイントですが、
相手からしてみれば「しっかり見つめられてる感
がハンパじゃなくなるわけです。
 
つまり、あなたを無視出来ない存在として
認識する事になります。
 
 
 
でも時折、自分が恥ずかしくならない程度に、
相手との目線をワザと外すんです。
 
または、相手の目と目の間を見つめたり、
相手の左後ろに目線を逸らしたり…
 
 
 
そういう工夫を凝らす事で、
強いアイコンタクトを習得する事が出来ます。
 
 
 
人は目の奥を見つめられると、
その人の存在を脳に刻んで忘れられなくなります。
 
つまり、あなたが女性に強いアイコンタクトを出来るだけで、
他の男性とは一味違う存在だと感じさせる事になるんです。
 
しかも、出会い頭の一瞬で。
 
 
 
 
この強いアイコンタクトの要素を、
あなたの中にしっかりとインストールしてください。
 
 
 
モテる男の特徴シリーズは、まだまだ続きます。
 
 
 
 
では、また次回!