女性との会話ネタに困ったら!逆に”からかう”という逆転の発想を

女性との会話ネタに困ったら!逆に”からかう”という逆転の発想を
これまでに、
女性と何を話していいかわからない
という人に向けて2つの話をしてきました。
 
 
何かと言うと女性との会話は
 
①共感
②褒める
③からかう
 
この3要素が重要ですよってことでしたね。
 
(まだ読んで無い場合は、下記リンクからどうぞ)
 
 
 
 
で、今回は最後の「からかう」についてですが、
これを使えばもう女性との会話ネタで困らなくなります。
 
 
それどころかむしろ魅力的な男として
高い確率で女性から評価されるようになります。
 
 
ということでさっそく、
「からかう」というメチャクチャ重要な話を
していきたいと思います。
 
 
 
 

女性との会話で大事なのは”感情というスパイス”

 
 
冒頭で女性をからかうと言ったんですが、
これを聞いてあなたはどう思いましたか?
 
 
自分に自信が無かったり、
女性に免疫が無かったり、
恋愛に奥手な場合って、
 
「女性をからかうなんてそんな失礼なことできない」
 
なんて抵抗を感じてませんでしたか?
 
 
 
最初に言っておかないといけないのが、
 
女性をあえてからかうということが出来ないと
いつまで経っても友達以上にはなれません。
 
 
 
なぜかというと、女性からしたら
つまらない会話しかできない男と判断するからですね。
 
 
 
 
共感・褒めるの話でもしましたけど、
女性との会話においては
 
「相手の感情を動かせないと話になりません」
 
 
だから、会話ネタに困った時によく言われる
「今日の天気の話」とかしても1mmも意味ありません。
 
 
もっと正確に言うと、
 
話自体は盛り上がってるように見えて
別れた後30分もしたらもう存在を忘れられてます。
 
 
それくらい意味がないんです。
 
 
 
逆に、感情を刺激してくれるような会話をしてきた男は
イヤでも印象に残るし、興味を持ってしまうのが女性です。
 
 
 
その為に一番効果的なのが、
女性をからかうって事なんですね。
 
 
 
そもそも女性をからかうなんてこと、
ほとんどの男は”失礼”だと感じて言えません。
 
そんな滅多にされない強いアクションを
あえてしてきたあなたに対して女性は、
 
「この人ちょっと違う」
「なんとなくだけど、モテるんだろうな」
 
という好意的な目で見てくれる訳です。
 
 
 
よくありがちなのが
沈黙が怖いからとりあえず喋るってのがありますけど、
それじゃ女性の心は動かせないんですね。
 
 
 
というか女性の中では
 
どうでも良い話しかしない男、つまらない男として
あなたの評価がどんどん下がっていきます。
 
 
 
 
 
女性は、基本的に男性にいじられたい生き物なんです。
 
 
本当はドMなんですね(笑)
 
 
 
だから本能では、そういう強い男を求めているわけですよ。
 
 
 
 
おまけにこのからかうというテクニックは、
女性との会話ネタに困っている時こそ使えるのです。
 
 
どういうことかと言うと、
 
 
女性をからかう事で会話の切り口を作り、
相手にどんどん喋らせて自分は聞き役になれる
 
ということです。
 
 
 
女性をあえてからかう事で、
話を掘り下げ会話が弾みネタにも困らなくなる
という効果があるんです。
 
 
 
 

ベタな恋愛話で上手くからかう方法

 
 
とはいえ、そもそも女性との会話ネタに困ってるんだから
どんなところをいじってあげれば良いのかが分からないと思います。
 
 
なので、恋愛初心者でも取り掛かりやすい
恋愛系の話題で上手いからかい方を教えちゃいます。
 
 
話題としてはよくある会話に見えますけど、
 
「からかう」を入れることで
全く違った盛り上がる展開にすることが出来るんですよ。
 
 
 
 
(合コンなどで好きな異性の話になった時)
 
女『私結構ヒモ男を好きになっちゃうんですよ』
 
男「あ~、ぽいね!」
 
女『(笑)ちょっと!今馬鹿にしたでしょ?』
 
男「いやいや、超リスペクトしてますからね」
 
女『嘘つけ!(笑)』
 
男「でも実際のところ、性格いい女の子は
  そういう人に引っかかりやすいんだって」
 
女『それって何気に褒めてます?』
 
男「うん。○○は性格いいでしょ。
  仕草は馬鹿っぽいときあるけど(笑)」
 
女『なにそれ~』
 
男「てゆうか、それどんなヒモ男だったの?」
 
女『ん~とね・・・』
 
 
 
 
・・・どうですか?
 
 
よく見ると、女性をからかいつつ
ちゃっかり過去の恋愛話と付き合いやすい男性の傾向を
聞きだしてますよね。
 
 
こうやって、相手から話を引き出せていれば
それは上手いからかいが出来ているってことです。
 
 
 
 
ちなみに、女性からも質問をされることがあります。
こういう時も、普通に答えたらつまらない男入りしてしまうので、
同じようにからかった応答を心がけましょう。
 
 
 
たとえば、下のような質問が来たとしたら…
 
 
 
女『○○さんは付き合ってる人いるんですか?』
 
男「いるよ。108人くらい」
 
女『108人って(笑)どんだけいるんですか』
 
男「そう、煩悩の数だけね(冗談交じりの顔で)」
 
女『なにそれ(笑)』
 
 
 
女性からの質問は、
真面目に答えず煙にまくというのも
からかう時のポイントです。
 
 
 
こんな風なスタンスを取っていけば、
女性に対して魅力的な男として見られつつ、
会話をどんどん掘り下げて聞いているだけなので
 
ネタには困りません。
 
 

【注意!】からかってはいけないポイント

 
ただし、なんでもかんでもいじれば良いってもんじゃありませんよ。
いじると相手を傷つけてしまうポイントもあるのです。
 
 
 
何かと言うと、
”女性の外見をいじる”というやつです。
 
 
極端な例ですが
 
「顔不細工だね」
とか
「それ変な服だね」
とか言うことです。
 
 
これ、逆に言われたらどう思うかを考えれば
冗談でも言わない方がいいってわかりますよね?
 
 
(たまにホントにやっちゃう人いますから、
マジでやめてくださいね!)
 
 
気分最悪になりますから。
 
 
なので、外見をいじるのは基本NGです。
 
 
 

まとめ

 
 
対女性とのコミュニケーションは、
これまでに話してきた
 
①共感
②褒める
③からかう
 
この3つが本当に重要です。
 
 
 
女性に対する会話って慣れてないと、
 
 
自分がどう思われているかを気にしすぎたり
沈黙が怖くなってさらに沈黙して気まずくなったり
 
 どうしてもしちゃいますよね。
 
僕もそうでしたから。
 
 
 
でも、そういう人にこそ、
女性との会話の目的は何か?ということを
一回深く考えてみてほしいんですよ。
 
 
これってもちろん、 
相手と距離を縮めるためにありますよね?
 
 
であれば、からかうって事を
ビビらずに出来るようになった方がいいですよ。
 
 
 
女性を上手くからかうことが出来れば、
会話は今までにないくらい盛り上がるし
 
会話の主導権を握れるので、
デートのお誘いなど全てがスムーズになりますから。
 
 
 
 
いいですか?
 
対女性のコミュニケーションでは今回の話を含めた
共感、褒める、からかうの3すくみが大事です。
 
 
これなくして恋愛は語れないですよ、ほんと。