初めての方へ

レイン プロフィール
 
 
いいかげんホンモノの実力を身につけて、
認められ尊敬される主役を生きませんか?
 
 
西川 台助(にしかわ だいすけ)/ レイン
1987年10月生まれ(A型)、東京都在住。
 
職業:QOLアドバイザー


恋愛・人間関係構築・肉体改造・仕事術を強化する
QOL(人生の質)向上の専門家。

大学時代に人間理解の知識である”脳科学”について専攻し、
現場営業・社内マネジメント・研修講師・貿易アドバイザーの
仕事を通じて「教育」のノウハウを習得。

これまでにワークショップ・セミナー・個別面談・オンラインを含め
述べ800名以上の人生のステージアップに携わってきた実績を持つ。

独自のマインドマップ(思考の視覚図)を使ったコンサルが定評。

 
うも、西川台助と申します。
 
ネット上では「レイン」という
ニックネームで活動をしています。
(由来はまた後ほど)
 
 
僕のプロフィールを読む事で、同時にあなたには
次のような”秘密”をシェアしたいと思います。
 
 
・自分の魅力で多くの美女を”自然に引き寄せる体質”になる

・会社の上司や同僚、取引先の相手から一目置かれる

・他人が今何を考えているのか、頭の中がわかるようになる

・プライベートの人間関係の質・量が大きく広がる

・自分がチャレンジして達成できる事の選択肢を大幅に増やせる

・人を巻き込み尊敬される真のリーダーシップが身に付く

・人に認められ感謝され、活力と充実感に満ちた人生を生きれる
 
 
 
このような、「絶大な影響力を持つ強者の特徴」という、
一般の書籍などでは決して出回わらない成功法則です。
 
これから語られるストーリーの随所に、
【TIPS:強者の秘密】として惜しみなく全てをちりばめていくので、
ぜひ最後まで読んでみてください。

一人の男がどのようにして人生のステージを上げていったかを
明らかにしていますので、“得は“させても”損は“させないと思います。

 
 
 

STAGE 1 あまりにも、弱者

 
 
々の幼少期は明るく活発で、
すこしだけ目立ちたがり屋な子供でした。
 
 
しかし学年が上がるにつれ、
 

コミュニケーション力や対人関係構築力の低さ、
相手の顔色を過剰に気にしすぎる性格、
頭の回転の悪さや不器用さなどから”いじめ”を受けるようになり、

さらには特殊な家庭環境が災いしたことで自分に自信が持てない
極めて根暗な幼少期を強いられていました。

 

中学、高校と進学で環境が変わっても、
”すぐになめられいじめられる体質”が染みついていたので、

人と関わることが常に恐怖で、人間関係から避けるように
自分を押し殺して生きていたのです。

そんなあまりに冴えない“弱者”な青春時代を過ごしていたからか、
いつしか僕は社会不安障害を患うようになっていました。

 
【社会不安障害とは】
 社会不安障害とは
 
愚かに見えないかとか、場に合っていないのではとか、
他人に辱められることに強い不安を感じるために、
社交状況を避けたり耐えていることによって、
相当な苦痛があるとか生活に重大な支障があるという精神障害。
 
人口の100人に1人の人間がひそかに抱えており、
スピーチ、電話、対人コミュニケーション… 
これらの社交状況に遭遇すると
動悸、下痢、発汗、時にパニック発作といった不安症状が起こる
 
(wikipediaより抜粋)
 
 
こんな心の病です。
 
こう聞くとあなたは、
「いやいや、誰だって緊張はするでしょ」
と感じるかもしれませんが、それは”正常な人”の話です。
 
 
普通のちょっと内気な人は、侮辱されるのを恐れたり、
知り合いのいないパーティを怖がる程度ですが、
社会不安障害者の場合はもはや次元が違います。
 
 
何気ないコミュニケーションだとしても、
 
自殺衝動を覚えるほど自己否定してしまったり、
他人の目に底知れぬ恐怖を感じて言葉が出なくなるなど、
 
文字通り生活に支障をきたしてしまうのです。
 
 
  
常に他人の顔色や反応を気にして、
人の目を見て会話もまともに出来ない…
 
この病のせいで僕の人生は壊滅的でした。
 
 

当然、恋愛を経験したこともなく、自己表現するのも下手なので
まともな友人もおらず、その場に居るだけでネタキャラ扱い・・・

馬鹿にされ舐められている時ですら、
相手の顔色を気にして 
ヘラヘラと笑って過ごすしか術を持たない・・・
 
 

悔しいですが、当時の僕は自他共に認める弱者でした。

 

頭も悪かったので
自分で何かを学ぶというのがキライで、
勉強もとにかく苦手でした。

 
ネットとゲームだけが友達で、
高校1年にしてネットゲームにハマって引きこもりになり
危うく留年しかけた時もありました。
 
 
 
運動も大の苦手でした。
 
 

体育の時間では真っ先に隅っこでじっとおとなしくして、
番長クラスの人間やその取り巻き達が活躍しているのを、
ただ遠巻きに見ているだけでした。
(かなり苦痛の時間帯でした)

 
 
 
積極的には思い出したくありません。
 
 
勉強も、運動も、人間関係も苦手。
あまりに何も無い”弱者”で、人生どん底な状態を生きていました。
 
 
今当時の事を冷静に振り返ってみても、
ヘタレと言われても全く言い返せません。
 
 
現実はあまりにどうしようもない僕でしたが、
ただ、なぜかいつも心の奥底には、
ある強い感情を抱き続けていたのです。
 
 
「俺の人生、こんなもんじゃねえだろ…!」
「いつかどこかで人生逆転してやる!」
 
 
こんな、”怒り”にも似た感情です。
 
 

おそらくは自分のあまりの不甲斐なさに
抑え込まれていた心が精いっぱいの抵抗をしていたのだと思いますが、
当時としては失笑してしまうほど明らかに身分不相応な感情でした。

しかし確実に、野心ともいえるその感情が僕の心の奥底で
ブスブスとくすぶり続けていたのです。
 
 
当時は出口のないトンネルのような学生時代だったわけですが、
この感情が後々、僕に大きな変化をもたらす要因だったとは
この時はまだ知るよしもありませんでした。
 
 
 
【TIPS① ~ 真のプライド ~】
 
人は誰でも、自尊心(プライド)という心の防波堤を持っています。

今の自分に満足していない、毎日なんだか冴えない、
強いコンプレックスを密かに抱えている… 

そんな時に心が反応して、苦しくなったり自己嫌悪に陥ってしまいます。

しかし”真のプライド”とは、自分が今どの様な状況にあろうと

理想の自分像を決して諦めず、常に自分を向上させる道を
模索し続けようとするバランス感覚
なのです。

この感覚を持つことで、自分に足りないものを積極的に自覚し、
素直に受け入れ、積極的に強化していくことが出来る
”アンテナの高さ”が自然と身に付いていきます。

最終的には他者から自然に認められる
確たる実力を付ける事が出来るのです。

 
 
 
 

STAGE 2  究極の知識との出会い

 
 

そんな冴えない、どうしようもない僕でしたが、
一浪してなんとか入った大学で、僕の人生に転機が訪れます。 

それが、”脳科学”という学問との出会いでした。

 
 脳科学
 
 
 
別に狙って入ったわけではなかったのですが、幸運なことに
僕の大学は脳科学の分野で”日本一の最先端”をいく学校でした。
 

理系で工学部だった僕は、配属された研究室で
偶然にも脳科学について学ぶ機会を得たのです。

 
この出会いが、僕のすべてを変えました。
 
 

科学と聞いても、茂木健一郎や苫米地英人といった有名人が

「なんとなく役に立ちそうなことを言ってる」

ぐらいの曖昧なイメージしかないと思います。

 

しかしかれこれ10年近く
研究・実践している僕から言わせてもらうと、

脳科学とは究極の人間理解の知識

だと断言出来ます。

 
  
一般的にはほとんど知られていないところですが、
本質的かつ斬新で巧妙、秀逸なアプローチにより
人間の思考・感情・行動をあやつることが出来る力なのです。
 
 

そんな強力な知識を学び始めた僕に、
やがて次々に変化が起こり始めました。

どうやっても初対面の人から舐められ軽んじられ、
居ても居なくてもどうでもいい様な存在だった僕が、
それまでと周囲の目が明らかに違う反応を示し始めたのです。

 
 

人間心理がまるでわからなかった僕が、

・最初にどんなことをすれば人は注目してしまうのか

・どんなアプローチをすれば人は従ってしまうのか

・人が成長するためには何をおさえれば効果的なのか

などなど、これらを脳科学を通じて理解したことで
人間関係構築スキルが格段に上がっていたのです。

 

まともに会話も出来なかった僕が、
初めて会う人達とまるで親友の様に強固な
人間関係を築けるようになっていきました。

人の脳が無視出来ない”初対面力”を身につけたことで、
就職活動も大企業に何なく内定をもらいました。

 
人生で初めて、自分に自信を持てた瞬間でした。
 

人間の本質を理解した僕は、急速に人生のステージが上がっていく
手応えに興奮を抑えきれませんでした。

 
生まれて初めて、自分から進んで”学ぶ”という事をしました。
 
 
 
「能力や才能が無くても、正しい知識を手に入れれば
自ら人生を切り開く事は可能」
 

そんな確信と共に、僕の心には爽やかな風が吹き始めていました。

 
しかしこれは、僕の人生を変える
ほんの一つのきっかけに過ぎなかったのです・・・
 
【TIPS② ~素直さと謙虚さ~】
 
自分に自信の無い人ほど強く持っている能力なのですが、
 どんな成功者・実力者でも人格が高いと評価される人は
必ず持ち合わせている資質です。
 
彼らは他者の意見を素直に受け入れ、
実力があっても決しておごった態度は取りません。
 
また、例え自分を否定する意見が出た時も、
反発したり自信を失って自己否定に走ることもしません。
 
それよりも特筆すべきは、否定意見も
すぐに自分を強化する材料として利用できる、
強力な心の仕組みを構築している謙虚さにあるということです。
 
(ポジティブシンキングとは全く異なる、
鍛えれば誰でも身につけられる”資質”です)
 
 
 

STAGE3 24歳、サラリーマン

 

大学を卒業してそれなりの企業に就職した僕は、
営業マンとして多忙な日々を送っていました。

そんなある日、ネットサーフィンをしていた僕は
”ある人”の情報に触れる機会が巡ってきました。

 

その男は僕と同じように、21歳まで「吃音」という
特定の言葉を発することが困難な心の病で苦しんでいたのを努力で克服し、

32歳という若さで実業家として、人間関係やコミュニケーションに
苦しむ多くの人々に貢献し多大な資産を有する強者でした。

 
 

彼の発信する脳科学とはまた違った斬新かつ非常識な切り口をもつ、
人間関係に関する情報を読んでいくうち、

気付くと会った事もないその人物の虜になっていました。

 

自分なりに人間について悩み克服してきたからこそすぐにわかったのですが、
その男は紛れもなく”人間理解のプロフェッショナル”でした。

自分にとってのカリスマを見つけ、
人生で2度目の衝撃となりました。

 

この人に会ってみたい!

この人の様な生き方をしてみたい!

 

瞬間的に強烈な憧れを抱いた僕は、見知らぬその人を
勝手に”メンター(師匠)”と決めつけ注目し始めました。

彼がリリースしている教材やセミナーを買い集め、
コミュニケーションスキル・人間理解構築スキルを
さらに深く学んでいきました。 

 
 
【TIPS③ ~尊敬できる”師”の存在~】
 
師匠、メンター、恩師…
 
言い方は様々ですが、例え遠くに離れていても
自分を変えてくれる知識を持った人、強い影響を与えてくれる人、
そんなあなたにとっての”カリスマ的存在”を出来るだけ早く見つけることが、
あなたの人生の質を大きく左右する重要な要素なのです。
 
僕の場合は社会人1年目、24歳という非常に早い時期でしたが、
今思い返してみてもこれは幸運と言わざるを得ない出来事でした。
 
そういう人を生涯で見つけるのは普通は極めて稀ですが、
向上心を持って常にアンテナを張り続けること、
自分を高める情報に触れる機会を意図的に増やすこと
出会える可能性は飛躍的に高まっていきます。
ひいてはこれが、自分の人生を変えるきっかけになるのです。
 
 
大金をはたいて自己投資に回しながら、実践を続ける毎日を送り出しました。
 
コミュニケーション能力、恋愛スキル、肉体改造、仕事術…
 
色々な角度から、とにかく自分を強化することに”ハマった”僕は、
周囲も驚きの反応を見せるほど”劇的な変化”を遂げていきました。
 
 
 
まず、女性関係には困らなくなりました。
 
 
元々持ち合わせていた脳科学の知識に加え、本質的かつ大胆で非常識な
コミュニケーション法をマスターしたことで、
多くの女性が僕の存在を無視できなくなりました。
 
何もしなくても女性の方から積極的なアプロ―チをさせるようにしたことで、
結果的に多くのセックスを手に入れられるようになったのです。
 
 
 
支え合い一緒に語り合える多くの仲間や親友が出来ました。
 
 
青春時代はまともな友人もほとんどおらず、社会人になってからは
誰一人としていなくなり孤独を抱えていた僕ですが、
 
”人たらし”と呼ばれるコミュニケーションの達人たちから学んだ
相手を”さり気なくたらし込む技術を手に入れたことで、
 
何よりも欲しかった多くの友人や仲間、
人生レベルのどんな悩みや夢も語り合える親友を手に入れました。
 
遠く離れた場所に住み何年も会えなくても、
決して絆が途切れない真の友人達です。
 
 
 
お客や取引先のキーマン達から一目置かれるようになりました。
 
 
仕事術を磨いたことで、
営業成績も比例して上がっていき2年目にして営業開発賞を受賞しました。
 
あいかわらず仕事は多忙を極めていましたが、
お客や取引先のキーマン達に気に入られるようになり
一端の若手が入れないような、高級料亭に連れて行ってもらえるようになりました。
 
さらに、普通では聞くことのできない経営者の裏話や裏事情を
特別にこっそり教えてもらえるようにもなっていました。
 

気がつけば社会不安障害は克服していました。
 

過去の自分では妄想することしかできなかった、
人間理解に関する幅広い知識、高いセルフイメージ、
そして真のコミュニケーションスキルを手に入れたことで
 
長年苦しめられてきた社会不安障害は自分の中から
消え去っていました。 
 
 
【TIPS④ ~高いセルフイメージ~ 】

いつでも輝いて見える人は、実はひそかに
自分はこうなりたいという理想像(セルフイメージ)
を持っています。

ただ思い描くだけではなく、理想像になった時の
感情をリアルにイメージすること。

これをどれだけ感じ込むことができるか、

その姿を本気で演じることが出来れば、
その姿が本来の自分だと脳が認識して
自然に成りたい自分になれるのです。
 
 

2年ほど時間がたったある日、
まだ見ぬメンターが講師を務めている、
とあるビジネスコミュニティに参加出来るチャンスが巡ってきました。

即決で参加を決め、飛び込んだ先には、

同い年で五体不満足な体でありながら
何千もの人々にコンサルティング活動をする車椅子の青年、

個人で何千万もの資産を持つ実業家や
海外のVIP達と太いパイプを持つ個人事業主、

自身のコンプレックスを克服した経験を元に
社会貢献する若い起業家達など、

 

普通にサラリーマンをしていれば絶対に出会えないような、
”完全に異世界の人々”との出会いがそこにはありました。

そして、そのコミュニティで初めてメンターと対面した僕は、
彼の醸し出す強いオーラとあふれる人間力に圧倒されていました。

 

実力者ばかりのホンモノの環境

そこから段々と彼と接触する機会を増やしていきました。

 
結果、時間はかかりましたが個人的に飲みに行ったり、
貴重で有力なアドバイスをしてもらえるなどの
密で濃い関係を段々と築くことに成功しました。
 
 

僕のレインというニックネームは、
その実業家の中の一人から「脳(brain)だから、レインだな!」
と名付けてもらったものです。

なぜブレインでなくレインだったのかは永遠の謎ですが(笑)、
今でもありがたく使わせてもらっています。

そんな彼らと半年ほど真剣に語り合い、酒を飲み交わしたことで、
僕はそれまでなんとなく縛られていた常識から解放され、
別の新しい生き方をしたいと感じる様になりました。

【TIPS⑥ ~ふさわしい環境に身を置く~ 】

人の脳は自分が心地良いと思う状態を
無意識に好むように出来ています。
言い換えれば、変化を嫌う性質があるのです。

つまり何かを学んだり、スキルを身につけようと
努力していても、ほとんどの場合自分一人ではその本能に勝てず
3日坊主の様に長続きはしないのです。

自分を向上させることに長けている人は、
自分よりも高いステージにいる人間が集まる
環境に自ら飛び込む様にしているので、

結果的に彼らと同等かそれ以上のステージまで
自分を自然に引き上げることが出来ているのです。

彼らは根性や努力を過信せず、環境に飛び込むことが
最も効率的だと理解しているからです。

 

STAGE4 QOL高い人生へ

 
1年後、僕の 生活スタイルはそこから、
さらに大きく変わっていきました。
 
 
 

まず、人を指導する立場になりました。

 

会社では重役の一人がブラック部署から
TOPの組織へと引き抜いてくれたことで、

社内マネジメントや講師という立場に代わり
教育の仕事に携わるようになりました。

時には50歳代の部下をまとめながら、  
大勢を前にして教鞭をふるい教育のプロとして
述べ800名以上の社員に対して法律や貿易、
能力開発、モチベーションアップなど様々な分野の指導を経験しました。

その実績からわずか10か月後には、
幹部候補へのオファーを受けるまでに至りました。

 

コミュニティのリーダーを務めるようになりました。

 

インターネットを使って自分のノウハウを伝える情報発信活動をし始め、
小さいながらも自分の”コミュニティ”を所有しています。

東京に事務所を構えて、独自のセミナーや
ワークショップ、コンサル活動をするようにもなりました。

 中には長野や福島などの遠方から参加してくれる人もいて、内容は好評です。

結果としてただの平営業マンとしてこき使われていたころより、
収入も大きく増えていきました。 

 
それもこれも、人よりもチャンスを掴むということに貪欲だったから
成し得たことだと思います。
 
 
【TIPS⑥ ~チャンスを掴む握力~ 】
 
多くの人は関係ないと思ってスルーしてしまいますが、
人生を大きく変えるチャンスというのはめったに巡ってきません。
 
 
引き寄せの法則というものがあるように、
チャンスというのは、自ら伏線を張りながら備えておいて、
いざという時には

そしていざチャンスが目の前に現れた時は躊躇せず、
他人に遠慮せず一気につかみ取ることで道が開けていくのです。

 
 
社会不安障害を患って引きこもっていた弱者が、
ここまで人に影響を与える存在に変わることができた…
 
 
この経験から僕はある使命を感じるようになっていきました。
 
 

僕のミッション

ここまでお話してきたことはまぎれもない僕の半生ですが、 
僕は決してあなたに自慢話をしたいのではありません。
 
普通に生きていれば間違いなく社会的弱者だった僕のような人間でも、
 
正しい知識と行動、そして環境があれば
影響力を持った存在に変わることができる…
 
もっと言えば、
QOL高く生きることが出来るという事。
 
 
あなたが今の人生に100%満足していないのであれば、
正しい知識と方法を学ぶことで
 
人間関係でも、恋愛でも、収入でも、
正しい知識と力をつけることでそれが叶うようになります。
 
 
それを多くの人に伝えていくのが僕の仕事であり、使命です。 
 
ということで、最後に僕が考える
強い影響力を持った強者になるために
必要なスキルについてお話したいと思います。

「4つの”コア”スキル」

 
これから先、それも近い将来、あなたの人生を文字通り
激変させてくれるスキルについて説明させてください。
 
 
 

【コアスキル①:本能的魅力メソッド】
 ~ 一生女性に困らなくなる恋愛テクニック ~

人生において”恋愛”というのは、絶対に外せない要素でしょう。
 
誰もが思い通りにならず悩み苦しむ部分ですが、
それは99%の男が女性に対するスタンスを間違えているからです。
 
しかし女性の深層心理を理解し、効果的なアプローチを順番にすることで、
初対面でもわずかな時間で相手を”自分の虜”にすることが可能なのです。
 
求められ追われる男になれば、より一層男としての自信や余裕がつき、
そこで培われた魅力やコミュニケーション力といったスキルは
様々な分野に応用を利かせることが出来ます。
 
一度習得してしまえば、職場・サークル・合コンなど、
どこでも文字通りモテる体質になり、
一生女性に困ることはなくなる技術です。
 
 

【コアスキル②:次世代コミュニケーション】

 ~ 認められ感謝される人間関係構築スキル ~
 
世の中の問題のほとんどは
人間関係の摩擦からきていますが、
 
これは相手の感情の仕組みを十分に
理解できていないことが全ての原因です。
 
 
人には本能的欲求である、
「誰かに認められたい・満たされたい」
という”自己重要感”という本能を持っています。
 
これを深く理解し、様々なアプローチで満たしてあげることで、
どんな要求に対しても「YES」を引き出すことが可能になります。
 
周りの人間に自然と愛され応援されてしまう
いわゆる”人たらし”と呼ばれる人種が密かに使っている技術で、
 
そこらで出回っている本などでは決して語られない、
感謝されながら自分の存在を認めさせる事が出来る
次世代型のコミュニケーションテクニックです。
 
幅広い人脈や自分を指示して応援してくれる仲間が
必要となるこれからの時代では、必須の技術と言えるでしょう。
 
 

【コアスキル③:省エネ型ボディメイキングメソッド】
~ 省エネで最大効果をもたらす肉体改造術 ~

健全な肉体には健全な精神が宿るように、
鍛え上げられた肉体をもった人間の言動には
自然と威厳と説得力が生まれます。
 
そんな肉体になるには多大な労力と時間が必要で
しんどいというイメージを抱きがちですが、
 
脳と体の仕組みを正しく理解することで、
わずかな努力でいわゆる”細マッチョ”になることが可能です。
 
省エネ型の強化トレーニング方法・正しく休む技術など、
体力・精神共にタフな肉体を作ることが成功への大きな近道です。
 
ボディランゲージという非言語コミュニケーションにも
一役も二役も買ってくれる、
男の自信と魅力を底上げしてくれる技術です。
 
 

【コアスキル④:ブレインハック・メソッド】
~ 必ず結果を生み出す資産構築型の仕事術  ~

営業成績UP、社内マネジメント、資格取得・・・
 
仕事で”望み通りの結果”を出していく上では、
実に多くの問題や壁が立ちふさがり邪魔をします。
 
モチベーションが上がらない、集中出来ない、成果が出ない…
 
そういった小さな障壁が重なると、
人は実に簡単に目標達成を諦めてしまう生き物です。
 
しかし直観的かつ視覚的に「仕分」をする技術を
身につけることで、実に効率的に障壁を突破することが可能です。
 
脳科学の知識をふんだんに活用しあらゆる目標を
ストレスなく達成し、やればやるほど洗練されていく、
そんなデキる男の技術です。
 
自分をマネジメントして多大な資産を構築していくために
必須の技術です。
 
 
 
・・・・ 
 
このどれか一つが欠けても、今の僕はなかったでしょう。
 
 
スキルとは身につければ人生を豊かにしてくれる力です。
 
 
 
知識を深めれば深めるほど、
技術を極めれば極めるほど、
実力をつければつけるほど、
 
どんどんあなたの人生の質は上がっていきます。
 
 
恋人も、仲間も、収入も、自分の時間も、
実力をつければいくらでも増やしていけるし、
どんどん自分で人生を切り開いていく事が出来る様になるんです。
 
 
僕はこの事実を、出来るだけ世の中の、
特にかつての僕のように苦しんでいた
様々なメディアで情報を発信しています。
 
 
その中で、もしも僕の言葉があなたの心の琴線に触れたのなら、
これほど嬉しいことはないと思っています。
 
 
そんな力の身につける方法を身につけたいのなら、
僕の無料メール講座で一緒に学んでいきましょう。
 
 
 
こんな長いプロフィールをここまで
読んでいただき、ありがとうございました。