納得!ラインでデートに誘うと既読無視される理由と理性的な対処法

うも、レインです。
 
 
いまやラインは恋愛では必須なツールですが、
それゆえに既読無視されてしまうという悩みが後を絶ちません。
 
デートに誘った途端に突然既読無視されてしまった…!
どうしよう、何か送った方がいいのか!?
 
 
実際、好みの女性に既読無視された時って
得も言えぬ焦燥感を感じますよね。
 
多くの男性がつまづくポイントでもあるし、
僕自身もたくさん経験があるのでよくわかります。
 
しかし最初に言っておきますが、
絶対にこちらからメッセージを送らないでください。
 
 
その既読無視にはちゃんとした理由があるからです。
それもいくつかパターンがあるんですね。
 
今回はラインの既読無視が起こってしまう理由と
理性的で効果的な対処法について話をしていきます。
 
いい加減、既読無視にはバイバイしてしまいましょう。
 
 

女性が既読無視する最大の理由

 
 
で、さっそくまずは理由について説明していきますが、
相手の女性があなたに好意があるかないかで変わってきます。
 
まずは、脈アリだったパターン。
 
 
初対面で普通に楽し気に話して、連絡先も普通に交換して
やりとりを楽しんでいた。
 
で、あなたはそろそろデートに誘おうとして
「今度~に行こうよ。いつが空いてる?」
と誘った瞬間、突然の既読無視。
 
それまで順調にやりとりしていた反面、どうしたって動揺しますよね。
 
 
なぜこんなことが起きるかというと、女性自身が誘われた時に
『恋愛にガツガツした女だと思われたくない』という
複雑な女性心理が働いて無意識に返信を躊躇しているからです。
 
あなたに対して好意があって気になっている反面、あなたからの評価を
気にしてすぐに返信するとガツガツ女だと思われると感じて、
 
わざと間をおいたりじらしてこちらの反応を観ているんですよ。
実は好意的な女性ほど、こういう既読無視が起きるケースは多いんです。
 

なぜこんなことが起きてしまうのか?

 
基本的に、女性は本能で強い男を求めています。 
これはどんな時代でも、どんな状況でも変わりません。
 
”絶対”です。
 
 
LINEのやりとりであっても同じことですよ。
 
女性の心理からしたら、自分とメッセージをやりとりしている間に
本能が無意識に、こう考え始めるのです。
 
 
『この男は果たして、私を守ってくれるに値する強い男か?』
 
そしてそれを試すために、実に自然に、とりあえず反応を見る為に、
メッセージを送るのを止めてみるのです。
 
 
これが、既読無視が起こるカラクリです。
 
 
そして次に、あなたの出方を観察し始めるわけです。
 
 
『(こいつはここでどういう反応を取るのか?)』
『(安易に焦ったりヘタレな反応をしないか?)』
『アタシをキチンと守ってくれるに値する男か?』
 
 
こんな判断をしようと、DNAレベルで探り出す訳です。
 
つまりそこであなたが、
 
焦って機嫌をうかがう様なメッセージ
 
 いわゆる”追撃”のメッセージを送ると、
『ああ、こいつはアタシのことが欲しくて欲しくてたまらないんだな』
という余裕を女性側に与えてしまうんですね。
 
 
女性本能があなたを舐めだすわけです。

とすると、どうなるのか?
女性の中であなたの価値は消えてなくなることになります。
 
さらに言うと、既読無視を続けたまま放置されます。
 
本能レベルで判断されてしまったので、
正直いって挽回することはかなり難しくなってしまうんですね。
 
 
いいですか?
 
一時的に既読無視が起こるのは
ある意味当たり前のことだと覚えてください。

こういうパターンの既読無視が起こったら、まず、
 

”女性が本能で自分を試しているんだ”
こいつ駆け引きしてるな、必死になっちゃってかわいいな、
 
そういうマインドセットを持って、
一旦待ちの姿勢になりましょう。
 
 
それまでの反応が明らかに脈アリであれば、
待っていれば必ず相手から連絡してきます。
 
 
 
反対に、脈ナシだという場合。
 
それまでのやりとりで相手の反応にもあまり熱が入ってなかったり、
返信スピードも遅かったりする場合ですね。
 
そういう場合は単純に返信を面倒くさがっています。
 
こういう時こそ追撃メッセージを送った瞬間に
2度と連絡が取れなくなると考えてください。
 
 
好意が無い相手に既読無視をされている場合は
かなり気を付けないといけないので、

まずは追撃メッセージを送らず、焦らずに
次に話す逆転するための方法を実行しましょう。

 

逆にどんな場合だと相手の女性がこちらに好意を持っているかというと、
それは「ラインで脈アリがわかる本当のこと。見極めに役立つ7つのポイント」

 
という記事で実例をもとに紹介しているので、少し覗いてみてください。

一転攻勢の逆転方法

 
 
主に脈ナシの既読無視からもう一度やり直したい時の
対処法としては、
 
とにかく、まずは時間を置くのが最も重要です。
 
2日経っても返ってこないのであれば、
もう2日時間を置くという形で、
 
少なくとも1週間以上は間を空けましょう。
 
その間、
 
返信、まだかな…
もうそろそろ来てもおかしくないのに…
 
 
女性からの反応が無くて、
つい心配になったりイライラして
 
「返信、まだ?」というような
追撃のメッセージを送るのは絶対にNGです。 
 
 

しつこいくらい言っていますが、
女性に余裕のない男の90%以上が実際にやってしまっているのです。

 
こういう人の特徴として、
女性の行動に一喜一憂している点があります。
 
 
女性が反応してくれれば犬のように喜び、
女性が反応しなければこの世の終わりが如く落ち込む。
 
これはドラクエで言う、メダパニを食らっている様なものです。
(※相手を混乱させる技の事です)
 
確かに、女性に慣れていない場合は
どうしてもこういう心理になってしまいます。
  
 
ついこの間喫茶店に行ったとき、こんなカップルの会話がありました。
 
 
♂「この後どこ行こっか?」
 
♀『わかんない』
 
♂「あっ、じゃあスカイツリー行ってみよっか?」
 
♀『え~結構歩くじゃん』
 

♂「(ちょっと焦った感じで)あっ、じゃあ横浜の中華街なんてどう?」

♀『もっと遠いじゃん~!』

♂「う~ん、ごめんね。どうしようか・・・」
 
 
 
 
 
・・・
 
どうですか?
 
別にどこに行くかとかはどうでもいいとして、
この会話から男性に対して、”男らしさ””頼りがい”
微塵も感じられませんよね? 
 
完全に、女性の顔色に行動をコントロールされているんです。
 
女性本能が強い男だとは思わない言動ですよね。 
返信が来なくて、女性の行動に一喜一憂している時こそ、
上で挙げたことはかなりの確率でやってしまいがちです。
 
 
では逆に、既読無視されたらそこで終わりなのか?
って絶望しそうですが、
 
実は全然そんな事はありません。
 
 
 
さっきのような催促する追撃メッセージを送っていなければ、
大抵は次のようなメッセージを送れば返ってきます。
 
 
それは、
 
関係ない話をふってみるという事。
 
冒頭のやりとり例で言えば、
 
 
♂「元気?今度遊びにいこうぜ~。いつがヒマ?」
 
(しばらくして)
 
♂「そういや、昨日ゴール決めた日本代表って誰だっけ?」
 
♀「本田じゃなかった?」
 
♂「そうそう、本田だ(笑)。ありがとー。そういえば、サッカー観戦とかするの?」
 

♀「うん、するよ」
 
(その後何事もなかったかのようにやりとりが進む)

 

 
こんな感じで、関係ない話題を時間が空いた時に振ってみるんです。
 
この時のポイントは、相手が知っていそうで即答出来る内容であること
 
 
一番良いのは、最初に出会ったときに話した話題をふってみると
高い確率で反応してくれます。
 
 
そしてそれに返事があれば、その後しばらくやりとりした後に
”また”デートに誘ってみればいいんです。
 
 
最初に話した話と全く別の話をされると、
ついその事について反応してしまうのが、僕ら人間の特徴でもあります。
 
 
そしてもう一つ効果的なのは、
「こっちも忘れてたけど」というスタンスが有効です。
 
相手も既読無視していることは自覚していて、
多少なりとも罪悪感や引け目を感じています。
 
その感情があるゆえにどんどん返しずらくなっていくわけですが、
その罪悪感を”こっちも忘れてた”というスタンスをとることで
罪悪感を感じさせず返信しやすい配慮をしてあげている
という事なんですね。
 
 
こういうさり気ない配慮が出来るかどうかも、
女性は無意識にチェックしていることを忘れてはいけません。
 
 
なので、
 
返事が返ってこない!
無視されてどうしよう!
 
と焦ってあなたの価値を下げるメッセージをする前に、
ぜひ一度試してみてください。
 
 

もし仮に、これらの方法を試しても既読無視されてしまうのであれば、
さっさと次の女性にアプローチをしていったほうが良いでしょう。

あなたの貴重な時間と労力をかける価値の無かった相手だと
割り切って、次の相手には適切なアプロ―チをする、という
余裕を持っていった方が”健全”ですから。

 
 

魅力的なオファーを投げてますか?

 
 
そもそも根本的な話になりますが、
人は自分にメリットが無いと途端に動かなくなる生き物です。
 
 
つまり、あなたとのデートに何らかの価値を感じないと、
女性からしてみても非常に返信しずらいんですね。
 
その結果、既読無視という形を取らざるを得ないケースも
実はかなり多いんです。
 
 
僕自身、これを嫌と言うほど思い知らされた出来事があったので、
ちょうどいいのであなたにもシェアしたいと思います。
 
 
以前、パーティー会場で僕より年が2つ上の男性と知り合い、
取りあえず連絡先を交換したことがありました。
 
(男性からのメッセージですが、女性が既読無視したくなるのが
これでもかとわかってしまう内容になっています)
 
で、まあ今度飲みましょう、みたいな話をしてたんですが、
次の日に早速下の画像のようなラインメッセージが送られてきました。
(スクリーンショットなのでそのままです)
 
最低のオファー例

最低のオファー例

 
 
・・・・
 
どうですか?
 
「男同士の会話なんだから別にいいんじゃね?」とは
感じなかったんじゃないですか?
 
であれば、あなたはセンスが良いと言えます。
 
例え同じ男同士だったとしても、しょっちゅう既読無視されてしまう人は
初対面で会ったばかりの相手に対してこういう全く魅力の無い、
唐突なオファーを
平気でやってしまっている。。。
 
それがものすごくよくわかる例ですよね。
 
 
僕はこれが送られてきた時、

「何この人・・・気持ち悪!」

と瞬間的に感じて既読を付けた後、
静かにブロックしてしまいました(苦笑)

 
 
返しようがないし、あまりにも乱暴で
ある種”恐怖”みたいな感情を覚えました。
 
だし、女性が既読無視する思考や感情が
完全に理解できてしまったという例です。
 
 
女性はこのように、多くのどうでもいい男達から
毎日のようにこんなデートのお誘いをラインでされているとしたら・・?
 
たまったもんじゃあないですよ、彼女達からすれば。
 
 
基本は相手が行ってみたい、と思うオファーを投げかけるのが基本です。
 
たとえば、お酒が好きという女性との会話のやりとりでなら

「日本酒とワインのオシャレでおいしいお店見つけたけど、

どっちに行ってみたい?」

みたいな”2択の質問”をしてみたりするもの良いですよね。

 
デートのお誘いをする時は、送る前に
自分だったら行ってみたいメッセージか?という
ことを確認してから送ってくださいね。
 

まとめ

 
 
ラインはそもそも文章ベースで、チャットとは違います。
 
自分のペースで返せるからここまでメールや電話に
代わる連絡手段として流行っているんですね。
 
そういう背景を無視して、追撃メッセージみたいな
自分本位なコミュニケーションを取れば、ウザがられて当然なんですよ。
 
望んでもいないテレアポやお店で静かに見ていたい時に
店員が話しかけてくるアレと同じと言えば、あなたも分かってくれるはずです(笑)
 
ラインは手軽に使える反面、手軽に無視しやすいツールでもある
ということです。
 
だからこそ、正しい女性心理の理解と適切なアプローチを
心がけていきましょうね。

【NEWS!】強者のコミュニケーション術
10日間無料メール講座

 

・気になる女性に興味すら持ってもらえない
・なぜかいつも、イイヒト止まり
・常に自信が持てずオドオドしてしまいがち
・どこに行ってもなぜか周囲に舐められる
・自分の思い通りに物事が進まない
・今の人間関係にどこか”孤独”を感じる

 

少しでも心当たりがあるなら、
今すぐ下記ページをお読みください。

 

99%の人間が存在すら知らなかった、
見えない力関係を自由に支配し、
思い描く理想の人間関係を量産する方法

を期間限定で無料公開中です。

 

詳しくは下記ボタンから

mail

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です