ネガティブな思考にサヨナラ!即効性のある7つの具体的改善方法

ネガティブな思考にサヨナラ!即効性のある7つの具体的改善方法
うも、レインです。
 
 
たまには僕自身の過去を絡めつつ
話をしてみようと思います。

ネガティブ思考で自信がない時って、
何をしていても上手くいかないですよね?
 
 
こういう状態って、早めに改善しないと
どんどんネガティブに飲まれて
脱出しづらくなってしまいます。
 

僕も昔は長いこと、この状態に縛られてました。

 

ネガティブ思考でいると、

人生のあらゆることが
上手くいかなくなります。
 
 
 
ネガティブ思考って言ってみれば
心に怪我をしている状態なんです。
 
怪我は早くケアしないと
化膿してどんどん酷くなっちゃいますよね?
 
 
 
なので今回は、「元」社会不安障害者だった僕が
ネガティブ思考を強力に改善する方法について
実体験ベースで全部紹介します。
 
 
 
 

①ネガティブ思考になりやすい危険な7つの思考パターン

 
 
基本的にネガティブな感情って、
だれでも持ってるし感じるものなんです。
 
どんなに上手くいっている成功者だろうが
絶対持ってるし感じる、正しい心の反応です。
 
 
でも、彼らはこの改善、というか対処法が上手い。
 
 
逆にずっとネガティブ感情を持ってる人は、
これから挙げる7つの思考パターンのどれかにハマってます。
 
 
 
 

①自分を他人としょっちゅう比べている

 
自分より物事が上手くいっている人を見つけて、
今の自分と比べて自己嫌悪に陥っている人ですね。
 
 
「この人すげーな~。それに比べて俺って・・・」
「なんでこの人は上手くいってるのに・・・」
 
 
こうやって、
他人と比べることで勝手にネガティブになっています。
 
 
これ、僕もめっちゃそうでした。
 
学生時代はコミュ障だし童貞だしで
劣等感の塊だったんで、
 
いつも周囲で楽しそうにしてる人と比較して
自分の中で勝手にネガティブになってたんです。
 
 
 
まあ、どうしても比べちゃうんですよね(苦笑)
 
心の底では向上心があってこのままじゃ“ヤバイ”って
感じてるから、どうにかしたいって気持ちがそうさせてるんですよね。
 
 
 
ただ今になって言えるのは、
これは比べる対象が完全に間違っています。
 
 
本当に比べるべき対象は、
少し前の自分自身の姿です。
 
 
 
自分より上手くいっている人って、
絶対に他人と自分を比較したりしません。
 
 
むしろ、他人がやってる“上手い部分”を
積極的にパクっていく元として見ているんですよ。
 
ここを変えるだけでしょっちゅうネガティブ感情になってたのが
劇的に減るし、ちょっとでも前の自分から良くなってれば
すぐに自信を感じられます。
 
ちょっと前の自分ってのがポイントなんですよね。
 
 
 
 

②何が怖いと感じるのかを知らずに過ごしている

 
 
これ結構、恐ろしいことですよ。
 
 
基本的にネガティブな思考になってしまうのって、
嫌なこととか怖いことがあるからですよね?
 
 
会社で言ったら
 
嫌な上司に怒られそうとか
今月の営業成績悪いかもとか、
お客さんからキビしいこと言われそうとか
 
いろいろあると思います。
 
 
 
日々の不安や恐怖をなんとなく耐えていても、
永久にネガティブ思考は改善できません。
 
ずっと、ネガティブ感情の元に
振り回されてるようなものなんですね。
 
 
これってメチャメチャ損だし、
馬鹿らしくないですか?
 
だって向こうはなんとも感じてないのに、
こっちはずっとネガティブにさせられてるんですよ。
 
 
嫌じゃないですか。
 
 
僕は心の奥底ではプライドが高い方だったんで、
マジでこれが嫌でした。
 
 
 
いいかげん、
あなたに不安や恐怖を感じさせている”敵”を見極めましょう。
 
 
ネガティブ思考の元になる、
自分が何に恐怖を覚えるのか、
何が苦手と感じているのかを
 
改めて書き出しましょう。
 
 
“ちゃんと”目に見える形で視覚化して、
ハッキリさせる必要があるんです。
 
 
 
で、これをやるとようやく脳が問題を認識して、
勝手に解決策を探そうとしてくれます。
 
 
 
こういう状況になったらこういう対応をしよう
 
とか
 
この人とは根本的に距離をとったほうがいいな
 
とか、ポンポン出てくるようになります。
 
で、それをメモして備えておくんです。
 
 
これやるだけで、きちんと対策が出来る様になって
ネガティブ思考にはなりにくくなりますから。
 
 
恐怖と自信は表裏一体で、
ハッキリするとほとんどのものは
全く大したことがなかったりするんです。
 
 
 

 

③何かを続けることができない

 
「3日坊主病」「あきらめ病」
名前はなんだっていいんですが、
 
ネガティブ思考になりやすい人は
何かを達成していることって実はすごく少ないです。
 
 
 
僕は学生時代とにかく勉強が苦手で、
ずっと逃げてました。
 
ただ当然、赤点不可避状態なんで
「あーあ、またかよ」
って感じにうんざりして、
 
勉強とか学校のことを考えると
いつもネガティブになってました。
 
でも、当時部活でやってたテニスだけは
部内で一番のエースに選抜試合で勝てるくらい
熱中しまくってたんで、それだけが誇りでした。
 
 
 
壁打ちに熱中しすぎて雪が降ってるのに
気がつかないくらい入りこんでました。
 
相当なアホですね(笑)
 
 
でも、このアホさ加減が
ネガティブ思考の改善に
一番役立つカギだったりするんですよね。
 
 
別になんでもいいんですよ。
 
今の自分が熱中できるものに
ハマってみて、ちょっとコレ自慢できるかも?
ってくらい成果を出すように頑張ってみてください。
 
 
そうして何かしらの“実績”が出来ると、
 
俺にはこれが出来たんだから、
別のことも絶対出来るでしょ!
 
っていう、骨太な自信がだんだんついてきます。
 
 
これが出来れば、ネガティブ思考になんてなりません。
 
何か非常事態が起きても
変にオドオドせず堂々と対処出来るようになります。
 
 
 
 

④大きなことにチャレンジしていつも後悔する

 
上手くいかない人=ネガティブ思考の持ち主
って言っても過言じゃありません。
 
 
少なくとも僕はそう思ってます。
 
 
ネガティブかつ上手くいかない人は、
いっつもデカイことにいきなり挑戦します。
 
 
で、必ず失敗します。知識も経験も実力も無いからね。
 
 
そして当然、そういう状態が続くと
自信を失ってネガティブ思考にハマります。
 
 
 
 
たとえば、恋愛。
 
ホントに上手くいかない人って、
まだトークスキルも備わってないのに
 
いきなりナンパしようとするんですよね。
 
 
当然、無視されます。
 
 
 
無視されて、“あれ…”って感じになると、
モテないですオーラがメッチャ出てくるんです。
 
 
 
これホント大事なことなんですけど、
自分の中にそういう雰囲気を作ったらだめなんです。
 
 
 
反対に、
物事がトントン拍子に進んでいく人って
いきなり絶対大きなチャレンジはしようとしません。
 
 
だってそんなの絶対
上手くいかないのわかってるからね。
 
 
実は成功者って、かなり慎重派な人が多いんです。
 
 
 
彼らは自分で出来そうな事からやって感覚をつかみながら、
小さな成功体験を繰り返して自分を褒めて自信をつけていく…
 
で、ある程度確信が持ててから
ときどき大きなことにチャレンジするようにしてます。
 
 
 
これなら実力もついた後なんで、
 
いきなり大きいチャレンジをしても
ストレスなく上手くできちゃうんですよね。
 
 
 
大きな失敗で大きく傷ついてばっかりだと、
小さな成功をしてもそれが自覚出来ない思考パターンになって
常に自信の無いネガティブ状態を引きずることになります。
 
 
 
 
 

⑤自慢話をついついしてしまう

 
これは一番、僕の中に深く染みついていたかもしれません。
 
 
自分に自信が無くて、でもちょっとプライドが高いと、
周囲の目からの防御反応としてやってしまうんです。
 
 
無意識的に“俺は実はすごいんだぞ”
と自己アピールしてしまっているパターンですね。
 
しかもこういう思考から出てくる話って
他人にはすごい嫌らしく聞こえます。
 
 
かな~りウザイやつです(苦笑)
 
 
で、周りからは「なんだこいつ」という目で見られて
引かれてしまっている。
 
 
さらにネガティブ思考だと他人の反応に敏感になってるんで、
その引かれ具合を密かに感じ取ってしまって
 
「俺は人を引き寄せない体質なのでは」
 
とか
 
「気付いたら味方が減ってる…」
 
とか考えてネガティブになってしまうんですね。
 
 
 
めっちゃめんどくさい人ですね(苦笑)
 
でも、ネガティブ思考のよくわかる。
 
 
 
過去になんらかの実績があって
今現在ネガティブ思考になっていると
こういうパターンに陥りがちです。
 
 
上手くいっている人って、
そもそも自慢話はほとんどしません。
 
したくなるけど、結局それが自分も他人も
ネガティブにしてしまうことを知ってるからなんですね。
 
 
 
黙って背中で語っているから、
すぐに周りの人達が“あ、この人は本物だ”って感じ取るんです。
 
自分の魅せ方を心得てるって言ってもいいですね。
 
 
 
彼らもわかっててそう振る舞ってるし、黙ってても
尊敬の眼差しで見られるようになると理解しているので、
それを密かに自信を感じているんです。
 
 
上手いよね(笑)
 
 
なので僕もこのことに気がついてから、
 
粛々と自分の実力や影響力をつけることに
専念して、絶対自慢話はしないようにしました。
 
(相手から深く聞かれた時だけ、さりげなくするようにしてます)
 
 
たとえば、
 
5年間やった営業マン時代は、
ひたすら相手にとって魅力的なオファーはなんだろ?
って考えてコミュニケーションを取る様にしてました。
 
 
本を読み漁りまくって、
とにかくいち早く実力をつけるように磨いていきました。
 
 
そしたら、色んな高利益の受注も取れるようになって
お客や取引先からものすごく評価されるようになりました。
 
「あいつはすげー謙虚だしがんばってる!」って。
 
 
そうやって周囲からの良いフィードバックを
ちょっとづつ集めていって、結果的に、
いろんな人間関係が上手く回るようになりました。
 
 
 
 
 
自慢話したくなる気持ちって、痛いほどわかります。
正直今も気持ちは同じです。だって人間だからね。
 
 
でも、その自慢話は自分の中で密かに
武勇伝の一つとして大切にしまっておきましょう。
 
 
で、ときどき振り返って
こっそり一人でニヤニヤする(笑)
 
マジで心の活性剤になりますよ。
 
 
 
 

⑥密かにプライドが高いので意固地になってる

 
ネガティブ思考になると、
それに一種の快感を覚えてしまいます。
 
「自分は悲劇のヒロインなんだ」ってね。
 
一瞬でもこう思うと、
もう止められなくなっちゃうんです。
 
 
 
で、ちょっとふてくされた感じになってしまって
何かのきっかけで他人のアドバイスがあっても
なかなか素直に受け取れない。
 
というか、もう脳が受け付けない。
 
 
この状態になると新しい気付きやアイディア、
改善方法があっても取り入れようとしなくなっちゃいます。
 
 
変に熱くなってて、
今のやり方に意固地になっちゃうんですよね。
 
 
熱くなってるのに、内心は惨め、みたいな感覚。
 
プライドとネガティブに板ばさみになってる感じです。
 
 
 
 
 
でもね、自分独自のやり方で上手くいっていないなら、
素直に今のスタイルを変えてしまうべきです。
 
 
昔の僕も含めて、
ネガティブ思考になってる人の多くがこのパターンです。
 
 
とにかく素直になれない。
 
 
 
 
 
でもですよ。
 
「守破離」って言葉を知ってますか?
 
何事にも基本となる型があって、
その型を守ってまずはやってみるってやつ。
 
そして上手く出来て感覚を掴んで、自信が出てきたら
そこで初めてだんだん自分独自の方法を取り入れていく。
 
 
これが一番賢く、
常にポジティブに物事を進めていけるコツなんです。
 
 
 
ネガティブを改善したいなら、
素直になって上手くいっている人の話に耳を傾けて、
そのままパクっちゃいましょう。
 
 
素直に、パクるのです。
 
 
 

⑦否定的な人を身近に置いたままにしている

 
環境が人を作るとはよく言ったもので、
人間は自分の周りにいる人にものすごく影響されやすいです。
 
 
赤ちゃんがいつの間にか言葉をしゃべれるようになるのも、
お母さんがいつもそばにいて話しかけているからってのと
おんなじことです。
 
 
あなたの周囲に、あなたを攻撃してくる人はいませんか?
 
もしいたら、
そういう人とちゃんと距離を置きましょう。
 
 
 
たとえそれが仕事の上司だろうと、
報告の回数も最低限にしましょう。
 
必要なことだけ簡潔にパッと言って、
あとは関わらないようにしましょう。
 
 
あとは何にも話しかけなくてOKです。
 
ましてや愛想良くもしなくていいんです。
 
無意味に攻撃してくる人は
何をやっても攻撃してきます。
 
 
そういう人の対処法は一つ、
放っておくだけです。
 
 
攻撃されてネガティブにされてるのを我慢することに
エネルギーを使うよりも、
 
自分に良い影響を与えてくれる人に
如何にして近づいていくか(出来れば直接会う)
ってことにフォーカスしてください。
 
そういう人の情報にいつも触れてください。
 
 
ネガティブなんて吹っ飛ぶし、
攻撃してくる人の評価とか感情とかが
 
マジでどうでも良くなってきます。
 
 
 
 
僕もよくやってましたが、
出来るだけ上手くいっている人のそばに行って、
 
もう挨拶するだけでもいいから
直接話しかける機会を作りましょう。
 
 
 
 
僕もコミュニケーションに悩んでネガティブになってた時期、
ネットで買った音声CDを
 
“次に何を言うかが判るくらい”聞きまくりました。
 
さらにはその販売者が開いているセミナーにも行って、
すごいドキドキしながら挨拶しにいきました。
 
 
なるべく感謝を伝えて、
顔を覚えてもらえるように努力しました。
 
 
メチャクチャ勇気付けられたし、
そのおかげで今ではコミュニケーションで
困るって事自体無くなりました。
 
 
 

ネガティブ思考を改善しつづけると、

人を惹きつけるオーラが生まれる。

 
 
さっき挙げた7つの思考パターンを消していくと、
ネガティブ思考はどんどん無くなって
ポジティブ思考、さらにはクリエイティブ思考になっていきます。
 
 
 
人間的に勢いがついてくるんですね。
 
 
そういう人間は、一発で見てわかる通り
オーラを感じるようになっていきます。
 
 
嘘のようで、ほんとの話ですよ。
 
 
 
一目置かれるようになるんですね。
 
 
 
そのためにも、出来るだけ
ネガティブな言葉を自分の中で言わない様にしましょう。
 
 
 
僕はプロフィールに書いてあるように、
大学時代からかれこれ10年近く
脳科学を研究してきたんで言えるんですが、
 
 
脳はネガティブな思考の言葉に反応して、
ネガティブ思考になる仕組みになっています。
 
グーグル先生みたいな奴なんです。脳って。
 
 
 
何かしらの出来事で
 ネガティブ思考になるのは誰でもあります。
 
だからネガティブ思考になったからと言って、
「またネガティブになっちゃった」と気分を悪くする必要もありません。
 
 
 
ネガティブ思考になってもいいから、
そこから必ず戻ってくること
 
 
 
 
 
これだけは覚えておけば大丈夫です。
 
 
 

まとめ

 
ちょっと長かったですが、いかがでしたか?
 
どれもネガティブ思考な人がハマっている思考パターンですが
一昔前の僕はこれに全部当てはまってました。
 
だからネガティブ思考に完全支配されてて
めっちゃしんどかったです、
 
 
でも、そこから色んな対策の仕方やスキルを身につけたら
段々と改善されていきました。
 
 
 
やっぱり一番良いのは、人への影響力を身につけて
相手からの反応(フィードバック)をもらうことですね。
 
 
自分でも出来るんだ、っていう感覚を
感じる回数を増やしていけば、
 
自然とネガティブ感情は改善されていくんです。
 
 
ぜひ、馬鹿にせず最初は感情に気付くだけでもいいので
やってみてください。
 
必ず変われるって自信を持って断言します。
 
 

【NEWS!】強者のコミュニケーション術
10日間無料メール講座

 

・気になる女性に興味すら持ってもらえない
・なぜかいつも、イイヒト止まり
・常に自信が持てずオドオドしてしまいがち
・どこに行ってもなぜか周囲に舐められる
・自分の思い通りに物事が進まない
・今の人間関係にどこか”孤独”を感じる

 

少しでも心当たりがあるなら、
今すぐ下記ページをお読みください。

 

99%の人間が存在すら知らなかった、
見えない力関係を自由に支配し、
思い描く理想の人間関係を量産する方法

を期間限定で無料公開中です。

 

詳しくは下記ボタンから

mail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です